« 『慶応戊辰小田原戦役の真相』発刊 | トップページ | 「協働」という言葉を最初に使った秦野市 »

秦野盆地から朝陽と夕日に出会う

10月29日(水)、定点観測のようになりましたが、今朝も朝陽に出会いました。

Dscn7519

1分後には光が私のところまで届きました。

Dscn7533

東の上空の雲です。

Dscn7535

西の空にも雲が。

Dscn7540

昼前にはふるさとから玄米と白米が届きました。玄米は私の実家から、白米は連れ合いの実家からです。ふるさとのみなさんに感謝です。

Dscn7543

梱包は縄で結んでありました。この縄は何かに使えそうということで、とりあえずプレハブ倉庫に入れておきましょう。

Dscn7542

出先の仕事が少し早めに終わりました。連れ合いが畑で農作業をやっています。ちょっと顔を出そうと車を回しました。遠くの山が大山です。

Dscn7562

タイミングよく茜色の富士山が目の前に。

Dscn7567_2

家に帰る途中、住宅街からの富士に出会いました。

Dscn7580

丹沢のふもと、秦野盆地で出会う日々の風景に感動します。

|

« 『慶応戊辰小田原戦役の真相』発刊 | トップページ | 「協働」という言葉を最初に使った秦野市 »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秦野盆地から朝陽と夕日に出会う:

« 『慶応戊辰小田原戦役の真相』発刊 | トップページ | 「協働」という言葉を最初に使った秦野市 »