« 我が家の庭の秋模様 | トップページ | 『元気に百歳』第9号出版記念会 »

秋の味覚いろいろ

NPO法人自然塾丹沢ドン会の名古木の棚田の稲刈り、天日乾燥、脱穀はすでに終わりました。約3.5反の広さですが、収穫量は例年より少し多く、500kg近くありました。

土地をお貸しいただいている農家のみなさんにまず最初にお礼に伺うが恒例です。この日、棚田の米担当の金田さんと一緒に4軒の農家を訪れました。みなさん大感激。放置して草茫茫の藪だらけの田んぼがきれいになっているだけでも満足。その上お米まで、と異口同音でした。

11月30日には名古木の棚田の広場でドン会の収穫祭を開きます。ぜひお出かけくださいとお礼の米を手渡しました。

Dscn6835

名古木の棚田では赤トンボが舞い、ススキが風に揺れていました。

Dscn6805

先日、東庄町で開催された『無名人の伝言』の出版記念会の帰りには、美味しいサツマイモとうなぎの蒲焼をお土産にいただき、今日また、レヴィンのお母さんからは、芳醇な手づくり醤油「澪つくし」をお送りいただきました。

Dscn6833

Dscn6831

米づくりに参加している丹沢ドン会の会員、自然塾の塾生に今年は3kgの白米を配る予定です。

Dscn6829

我が家の今日の昼食は、新米ご飯に秋刀魚の塩焼き、畑で取れたニラ玉、具沢山の味噌汁でした。

Dscn6827

秋の味覚に感謝、感謝の一日でした。

|

« 我が家の庭の秋模様 | トップページ | 『元気に百歳』第9号出版記念会 »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の味覚いろいろ:

« 我が家の庭の秋模様 | トップページ | 『元気に百歳』第9号出版記念会 »