« ☆くんの得意技 | トップページ | 地方・小出版流通センター『アクセス』に「元気いっぱい地方出版の底力」の記事掲載 »

箱根駅伝で始まった2009年

2009年の元旦は、朝起きると新聞はもちろん、年賀状がすでに配達されていました。ざっと目を通してから、連れ合いが暮れに手づくりしたお節と雑煮・お汁粉で新年の朝食です。

Dscn9676

昨年は、長女と生まれたばかりの☆くんがわが家にいました。今年は赤ちゃんの泣き声もない、2人きりの少し手持ち無沙汰な、のんびりとした正月となりました。ごそっと配達された新聞2紙をじっくりと読みました。連れ合いは、新聞に折り込まれた広告のチラシにもしっかりと目を通していました。

この日は、郵便局に追加の年賀状を出しに行く以外は家に籠もりきりです。田舎にいたころから元旦は何もしないで家にいることが実家の慣わしでした。元旦から買い物をすると、1年中、財布の紐がゆるくなるという、倹約、節約が美徳とされた時代の名残りでしょうか。

2日は、朝から箱根駅伝のテレビ観戦です。ときどきパラグライダーで撮影した日本列島各地の四季・自然のNHKの番組にチャンネルを変えながら・・・。

めまぐるしく入れ替わる順位。たすきを繋ぐために力の限り走る選手たち。走り終えて、深々と頭を下げる選手もいます。東京・大手町から箱根・芦ノ湖までの選手たちの激闘と沿道の応援。この日は大ブレーキの選手がいなくて、ほっと胸をなでおろしている連れ合い。作り事ではないドラマが高視聴率の所以でしょうか。

ときどき庭先に野鳥が飛んできます。シジュウカラやヒヨドリです。

Dscn9687

Dscn9691

夕方、足りなくなった年賀状を買いにコンビにまで行きました。夕日が西に傾き茜色が広がります。

Dscn9696_2

富士の夕景です。

Dscn9698

大山も赤く染まっています。

Dscn9700

我が家の近くから見える富士は目の錯覚でしょうか、大きく感じます。

Dscn9701

東の雲が夕日に染まって茜色に輝いていました。

この寒空の下、人びとの命と暮らしに関わる福祉・医療・教育や、若者たちが生き生きと働くことのできる環境づくりにこそ手厚い施策を・・・と願わずにはいられません。どこか他人事のような政治や経済の世界を変えるためにも、それぞれの地域で何かを始めたいものです。

CHANGE の年になるよう!

|

« ☆くんの得意技 | トップページ | 地方・小出版流通センター『アクセス』に「元気いっぱい地方出版の底力」の記事掲載 »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝で始まった2009年:

« ☆くんの得意技 | トップページ | 地方・小出版流通センター『アクセス』に「元気いっぱい地方出版の底力」の記事掲載 »