« 箱根駅伝で始まった2009年 | トップページ | メジロはミカンが大好き »

地方・小出版流通センター『アクセス』に「元気いっぱい地方出版の底力」の記事掲載

地方・小出版流通センターの情報誌『アクセス』第384号(2009年1月1日発行)が夢工房宛に年末に20部送られてきました。

昨年11月15日、新宿三越アルコット8階、ジュンク堂書店新宿店で行われた首都圏出版人懇談会トークセッション「元気いっぱい地方出版の底力」について私がレポートした原稿が巻頭に掲載されています。

Scan10345

今回のトークセッションの意味と地方出版のこれからについて次のように書きました。

「地域にこそ、人びとの生活文化があり、本の題材が潜み、書き手が住み、売り手がいて読者がいます。編集者はそれらを編みこむという、当たり前の地方出版の基本を再確認できたトークセッション。

本づくりの後の、書店だけに頼らない、インターネットの活用や本の内容に合わせた独自の販売方法など、越えなければならないハードルは高いのですが、「どっこい! 地方出版の底力の見せどころ」と、新たな意欲が湧いてきました」

首都圏出版人懇談会に参加している17社の共同目録『首都圏の本』VOL.6もトークセッションに合わせて発行しました。

Scan10346

地域と、そこに暮らす人びとの心を深く耕す「本づくり」を牛の歩みで続けたいと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

|

« 箱根駅伝で始まった2009年 | トップページ | メジロはミカンが大好き »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地方・小出版流通センター『アクセス』に「元気いっぱい地方出版の底力」の記事掲載:

« 箱根駅伝で始まった2009年 | トップページ | メジロはミカンが大好き »