« ふるさと長岡の実家で杉の木の伐採 | トップページ | 鎌倉団塊プロジェクト「地域を語り、青春を歌う」に参加 »

名古木の棚田に東海大学付属本田幼稚園児が来ました

3月5日〈木〉午前中、隣りの伊勢原市にある東海大学付属本田幼稚園のエコクラブの子どもたち33人と先生、お母さん、園長さん、総勢40名が丹沢ドン会の名古木の棚田に来ました。

Dscn1407

Dscn1409

昨年秋、園児たちが大挙して来て、稲刈りの終わった田んぼに寝っころがり、大空を眺めてから4か月ぶりのことです。その後、園児たちは、暮れのクリスマス会のバザーなどで、一生懸命にお金をためてきました。

「地域の環境を守るために役立ててください!」

Dscn1419

園児たちは、自分たちが集めた貴重なお金を丹沢ドン会に寄付してくれました。今年で3年連続のことです。子どもたちから包みを受け取ったドン会の工藤誠幸理事長は、身をかがめて子どもたちにお話ししました。

「ありがとうございます。みなさんが集めてくれたお金は大切に使わせてもらいます。いま棚田には、蛙の卵や、オタマジャクシがたくさんいます。冬の間も田んぼに水を入れて、生き物たちが暮らしやすい場をつくっています。みんなで観察してください」

子どもたちはさっそく田んぼに向かいました。

Dscn1435

Dscn1440

こわごわと田んぼの中を覗き込んでいる子どもたち。中には畦を踏み外して泥んこになった男の子もいました。ヤマアカガエルのオタマジャクシに大興奮です。

Dscn1478

なにやら蛙を見つけたようです。

Dscn1480

アマガエルです。

Dscn1455

大人たちも童心に戻って夢中になって観察です。園長さんらしき人は、「昔は蛙の肉を焼いて食べました。秋にイナゴ取りに来たいな。佃煮にしよう・・・」などと、嘘かまことかわからない話をしています。

Dscn1484

その後、ドン会の女性陣が用意したお汁粉をみんなでいただきました。

Dscn1493

昨日までの冬空が嘘のようです。子どもたちを大歓迎するように、この日は晴れました。西の空にオオタカが舞い、棚田の上にはノスリが舞っていました。残念ながら、このカメラでは撮影できませんでしたが・・・。

Dscn1499

子どもたちへのお土産は、松ぼっくりなどの炭焼きとキンカンです。

Dscn1446

田んぼの水に太陽がぼーっと映っています。

Dscn1510

その上の土手で子どもたちは、「ありがとうございまーす」と大きな声で手を振ります。

「どういたしまして! またお出でー!」

のどかな名古木の棚田に一陣の風が吹き込み、ヒューッと去って行きました。

|

« ふるさと長岡の実家で杉の木の伐採 | トップページ | 鎌倉団塊プロジェクト「地域を語り、青春を歌う」に参加 »

育児」カテゴリの記事

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古木の棚田に東海大学付属本田幼稚園児が来ました:

« ふるさと長岡の実家で杉の木の伐採 | トップページ | 鎌倉団塊プロジェクト「地域を語り、青春を歌う」に参加 »