« 『北鎌倉の神々』増刷担当のモリモト印刷・加治さん夢工房へ | トップページ | ローターアクトクラブの若者たち、「丹沢自然塾」入塾へ »

秦野市羽根の里山でクヌギ・コナラの植樹

3月21日〈土〉は、秦野市羽根の「里山ふれあいセンター」の近くの丹沢ドン会が管理委託を受けている里山で植樹が行われました。

この場所は、50年近くたったクヌギ・コナラなどの雑木林でした。この冬、秦野市の委託を受けた業者が、一区画の木をすべて伐採する作業をしています。空が広々と現われました。

Dscn0361

今回の植樹は、第4回秦野市里山まつり(はだの里山保全再生活動団体等連絡協議会:主催、秦野市:共催)に合わせて募集した「ミニ植樹祭&里山宿泊ツアー」に応募の親子25名(子ども15名)の参加者が行いました。

加えて、ドン会メンバー5名、秦野市森林組合から3名、秦野市から2名による下準備と当日のサポートがあり、途中、地権者の方も顔を出されました。

参加者は、まず、「里山ふれあいセンター」の会議室でツアーと植樹について説明を受けました。「子どものころから里山などの自然に親しみ、身の回りの環境のことを考えるきっかけにしましょう」と、森林組合の今井専務理事のお話がありました。

2010年には秦野市と南足柄市で第61回全国植樹祭が開催されます。そのアピールのイベントでもありました。

Dscn2046

この日、植樹した木は、クヌギ50本、コナラ50本の計100本です。

Dscn2059

Dscn2060

子どもたちは穴を掘り、苗木を入れ、土をかぶせて植樹しました。

Dscn2063

自分が植えた木のそばには、名前を書いた竹をさしました。

Dscn2066

最後に全員で記念撮影です。

Dscn2072

植えっぱなしではなく、数年に一度は自分が植えたクヌギ・コナラの生長を見にきてほしいものです。

この後、子どもたちは、3キロほど野の花や野鳥を観察しながら宿泊先の表丹沢野外センターに向かいました。

|

« 『北鎌倉の神々』増刷担当のモリモト印刷・加治さん夢工房へ | トップページ | ローターアクトクラブの若者たち、「丹沢自然塾」入塾へ »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秦野市羽根の里山でクヌギ・コナラの植樹:

« 『北鎌倉の神々』増刷担当のモリモト印刷・加治さん夢工房へ | トップページ | ローターアクトクラブの若者たち、「丹沢自然塾」入塾へ »