« 東京銀座周辺の近代たてもの見て歩き その2 | トップページ | 小田原「米橋」で小澤一嘉さんの『口腔癌ターミナルケアに関する研究』の打ち合わせ »

春を告げる我が家の庭のフキノトウ

寒い冬空がつづいています。昨日は、小田原の印刷所へ「美しき比々多村の詩」と「ミキ」の校正刷りを届けに行きました。その帰り道、国道246の渋滞を避けるために秦野市萩が丘の抜け道を通りました。電線が手前ににかかっていますが、左の窪んでいるところが金冷やし、右に塔ケ岳・新大日・三ノ塔・二ノ塔まで丹沢表尾根の雪化粧です。

Dscn1120

そんな寒い冬の日ですが、我が家の庭にはフキノトウが顔を出しました。

Dscn1061

Dscn1050

今年は出ないのかと心配していた桜草も小さな芽を出し始めました。

Dscn1072

Dscn1065

ユキヤナギも緑の葉っぱが際立ってきました。

Dscn1063

我が家の庭の植物たちの春の装いは、少しずつ華やぎ始めています。

|

« 東京銀座周辺の近代たてもの見て歩き その2 | トップページ | 小田原「米橋」で小澤一嘉さんの『口腔癌ターミナルケアに関する研究』の打ち合わせ »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春を告げる我が家の庭のフキノトウ:

« 東京銀座周辺の近代たてもの見て歩き その2 | トップページ | 小田原「米橋」で小澤一嘉さんの『口腔癌ターミナルケアに関する研究』の打ち合わせ »