« 旧梅原家洋館の部材見学会を4月18日に開催します | トップページ | 「首都懇」総会に向け、さきたま出版会で打ち合わせ »

名古木の棚田で2009年「丹沢自然塾』開講・苗代づくり

4月11日〈土〉は、2009年「丹沢自然塾」の開講・苗代づくりが行われました。水苗代で苗づくりをしているのがドン会流の米づくりです。

Dscn2722

2009年の「丹沢自然塾」の塾生たちが秦野駅からバスに乗り、名古木の棚田にやってきました。第1陣です。

Dscn2728

棚田は菜の花と里山の芽吹きでほのぼのとした風景です。

Dscn2742

自然塾生の第2陣がやってきました。

Dscn2748

まず受付です。

Dscn2734

ドン会の活動を紹介したパネルに見入る参加者。

Dscn2750

履き替えた長靴には、工夫が凝らされています。

Dscn2764

2009年丹沢自然塾の開講です。工藤理事長の挨拶。

Dscn2762

私が「自然塾」の全体ガイダンスを行い、各担当者がドン会の活動のアピールをしました。

Dscn2788

作業に入る前に、記念写真です。

Dscn2803

田んぼ担当の金田さんの指導で、苗代づくりです。準備しておいた苗代の床に種を蒔く筋を定規で引きます。

Dscn2816

6センチ幅の筋に中に、1センチ間隔で2粒の種を蒔きます。中腰でやる気の遠くなるような作業は多勢でやるからできるのです。

Dscn2826

Dscn2844

その上に籾の燻炭を撒きます。

Dscn2861

さらに寒冷紗で覆って今日の作業は終了しました。

Dscn2866

2時間余りかかって、ようやく完成です。

Dscn2898

ドン会の女性メンバーがトン汁を用意してくれました。

Dscn2901

釜で炊いたご飯は、もちろんこの名古木の棚田で取れた米です。オコゲが美味しい。

Dscn2906

家族連れの参加が多いのがドン会の特徴です。

Dscn2907

ローターアクトクラブの若者たちも汗を流しました。4月19日〈日〉には、相模原市で開催されるローターアクトクラブの総会でドン会の活動を私が紹介することになっています。

Dscn2913

埼玉、東京、県内各所、秦野市内から多勢の参加者がありました。お互いの個性を尊重し合いながら、汗を流し、丹沢の自然との付き合い方を身体で感じてほしい。参加者の一人ひとりにマイクを向けて一言ずつメッセージをいただきました。

Dscn2883

ウグイスが鳴き、ノスリが舞い、菜の花がほのかな香りを漂わせていました。

|

« 旧梅原家洋館の部材見学会を4月18日に開催します | トップページ | 「首都懇」総会に向け、さきたま出版会で打ち合わせ »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古木の棚田で2009年「丹沢自然塾』開講・苗代づくり:

« 旧梅原家洋館の部材見学会を4月18日に開催します | トップページ | 「首都懇」総会に向け、さきたま出版会で打ち合わせ »