« 土筆、蓬、タンポポ、山笑う | トップページ | 名古木の棚田で2009年「丹沢自然塾』開講・苗代づくり »

旧梅原家洋館の部材見学会を4月18日に開催します

市民トラスト・旧梅原家洋館再建の会では、4月18日〈土〉に、12年前に調査・解体をした洋館の部材の見学会を下記のとおり開催します。

見学会に先立って、部材の保管状態を確認するために、4月8日朝、再建の会の紫藤会長他6名と、秦野市生涯学習課の担当職員の井上さんが、秦野市立末広小学校に集まりました。

Dscn2697

校庭の桜は満開です。

Dscn2688

近くの幼稚園児たちの散歩です。

Dscn2652

末広小学校の空き教室に保管中の洋館の部材です。

Dscn2656

洋館の屋根に付けられていた飾りです。

Dscn2670

部材の保管状態は良好でした。秦野市教育委員会生涯学習課

が、定期的に風を入れてくれていました。

開催要項を掲げます。お出かけください。

秦野の鹿鳴館-旧梅原家洋館

保管部材の見学会と再建・利活用を語る集い

桜舞う季節となりました。「人やモノ」との新たな出会いの感動を持ちつづけたいものです。

さて、秦野の鹿鳴館・旧梅原家洋館の再建を目指して、221日に「再建の会」設立総会を開催いたしました。その際に保管中の洋館の部材はいまどうなっているのかという声を多数お寄せいただきました。そこで、部材の見学会と、再建・利活用について、みなさんと一緒にワイワイガヤガヤ「ああしたい、こうしたい」という夢を大いに語り合おうと、第1回の集いを下記のとおり開催します。友人、知人、子どもたちを誘い、ふるって参加くださいますよう、ご案内いたします。

  200949日  秦野の鹿鳴館・旧梅原家洋館再建の会会長 紫藤邦子

日時 2009418

〈土〉 13時~16時〈13時、現地集合〉

会場 ①見学会   

秦野市

立末広小学校・体育館前 〈1315分~1415分〉

   ②語る集い 末広ふれあいセンター     〈1420分~16時〉

交通 秦野駅より神奈中バス蓑毛行き6分、「末広小学校前」下車、徒歩3

①保管部材の見学会 

 市民の手により解体され、末広小学校の空教室に保管されて12年の部材。この度、再建を目指し、貴重な部材が市民に公開されます。関東大震災の火災の爪痕を残す洋小屋キングポストとそれを支える柱、土台。7種類の硬木を細工した寄木床、建築年代を示す刻印が残るレンガ、分銅の付いた本格的な上げ下げ窓など、明治25(1892)年、建築当時の様々な部位、部材を見ることができます。この機会にかけがえのない「秦野の鹿鳴館」に触れ、再建への感動を共有したいと思います。

②再建・利活用を語る集い 

 再建の会では、持続性のある利活用と運営に配慮したいくつかの再建プログラムを検討しています。この機会に多くの市民のみなさんに参加していただき、秦野にふさわしい施設として再建するための構想「こんなアイディア、こんな場所に!」を語り合い、その夢を実現したいものです。

参加ご希望の方は、事務局までご連絡ください。

秦野の鹿鳴館・旧梅原家洋館再建の会事務局 257-0002 

秦野市鶴巻南51315

(久保寺敏郎)TEL046377-2745 FAX046379-0131

|

« 土筆、蓬、タンポポ、山笑う | トップページ | 名古木の棚田で2009年「丹沢自然塾』開講・苗代づくり »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

市民トラスト・旧梅原家洋館再建」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧梅原家洋館の部材見学会を4月18日に開催します:

« 土筆、蓬、タンポポ、山笑う | トップページ | 名古木の棚田で2009年「丹沢自然塾』開講・苗代づくり »