« 我が庭のバラの花 | トップページ | 第16回「透谷祭」を小田原・高長寺で開催 »

丹沢自然塾「田植えの準備」に汗を流す

5月16日〈土〉は、2009年丹沢自然塾の第2回が開催されました。6月6日の田植えの前にやらなければいけない作業がたくさんあります。この日は、田んぼの草取りと、畦塗り作業です。

Dscn4266_2

この日の名古木の棚田です。里地・里山の緑はすっかり濃くなりました。

Dscn4267

水苗代の回りは、動物よけのネットで囲んでいます。

Dscn4274

塾生たちの受付です。お互いに声をかけやすくするために1年間使える名札を付けることになりました。

田んぼ担当の金田さんが苗の生育状況を確認しました。「今のところ丈夫でいい苗が育っています」とお墨付き。

同じく田んぼ担当の田部井さんには、田んぼの中の草取りと畦塗りのやり方を実地に見本を示してもらいました。その後、この日集まった40人ほどのメンバーがいっせいに田んぼに入り、作業にかかりました。

私は、1時間半ほど畦塗りの下地作りの作業をやって、残念ながらこの日は早退です。

午後は、小田原駅近くの高長寺で開催された透谷祭に出席しました。

|

« 我が庭のバラの花 | トップページ | 第16回「透谷祭」を小田原・高長寺で開催 »

見て歩き・まちづくり」カテゴリの記事

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢自然塾「田植えの準備」に汗を流す:

« 我が庭のバラの花 | トップページ | 第16回「透谷祭」を小田原・高長寺で開催 »