« くず葉台夏まつり「くず葉台音頭」夏本番 | トップページ | 名古木の棚田で田の草取り、あぜの草刈り »

『元気に百歳』10周年記念号、原稿受領に参宮橋駅へ

7月24日〈金〉の昼時、小田急線参宮橋駅で「元気に百歳」クラブの藤田賢吾編集長と待ち合わせました。小田急線はよく使いますが、各駅停車の駅「参宮橋」に降りるのは初めてのことです。

Dscn6422

なかなか風情のある駅で、建物の屋根は、木を生かしながら葺いてあります。

Dscn6420

あいにくの雨模様。上を見上げれば、木は元気に枝を広げ緑のしずくを滴らせていました。

間もなく藤田さんはお出でになり、駅から徒歩5分ほどの打ち合わせ会場・新日鉄研修センターへ向かいました。研修センターのロビーには、女性編集委員のお二人がお待ちになっていました。昼食をとりながら打ち合せです。

「10周年記念」に原稿をお寄せいただいた方は77名。巻頭言の日野原重明さんは、ここのところ毎号寄稿していただいています。特別寄稿者には歌手のペギー葉山さんの名前も。

原稿を読み、内容をチェックするという編集作業は編集委員の3人が担当されました。お互いに読み合ったものをEメールでやり取りし、完成版をCDに入れてお持ちいただいたわけです。

文字データ、写真データ、装丁関係のデータをこの日は受け取りました。若干不足の原稿は、後ほどEメールで送付していただくことになりました。A5判、340ページほどのボリュームになりそうです。

Scan10539

この後、さらに私のほうで編集作業をすすめ、第1回の校正刷りはは8月初めの予定です。発行日は例年通り10月10日、今年も九段会館で出版記念会が開催されるはずです。忙しい本づくりのスタートです。

|

« くず葉台夏まつり「くず葉台音頭」夏本番 | トップページ | 名古木の棚田で田の草取り、あぜの草刈り »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『元気に百歳』10周年記念号、原稿受領に参宮橋駅へ:

« くず葉台夏まつり「くず葉台音頭」夏本番 | トップページ | 名古木の棚田で田の草取り、あぜの草刈り »