« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

帰省の帰りにちょっと「越後妻有アートトリエンナーレ2009」へ

ふるさとの母が入院し、見舞いに帰省しました。その帰り道、十日町市を中心に開催されている「越後妻有アートトリエンナーレ2009」に立ち寄りました。第4回大地の芸術祭は、2009年7月26日から始まり、9月13日まで。もうすぐ閉幕になります。

『新潟日報』の広告特集には次のような文章が踊っています。

「越後妻有地域の集落や棚田、森の中に点在する感動的なアート。世界最大級の野外芸術祭『大地の芸術祭』が3年ぶりに、さらに大きくなって開催されます。

40の国と地域のアーチィスト達の作品は約370点。同時に地域を元気にするプロジェクトやイベント、ワークショップなども開催され、アートと人、人と人のふれあいが、心を豊かに耕してくれます。

さあ、元気になりに妻有へいらっしゃい。きっとやさしい時間が待っていますよ」

国道17号バイパスを小千谷市まで進み、国道117号で十日町市に入りました。最初の下条インフォメーションセンターで、第4回大地の芸術祭「越後妻有アートマップ」を100円で購入。地図を開いてみてまずビックリ。2000年~2006年に制作された恒久作品を含めて、およそ370点の作品がポイントされています。

帰り道にちょっと寄り道という芸術祭ではないことはあきらかです。とりあえず、国道117号線に点在する作品のうち数か所を現場で体験して後はガイドブックで追体験することにしました。

Dscn7647

会場近くの里山の風景です。青空に千切れ雲が浮かんでいます。

Dscn7653

№19の作品は加治瑞穂さんの「(Re-Analemma)←White hole→」。ガイドブックの作品解説には次のようなコメントが記されています。

「南中した太陽の光がつくる影の軌跡は一年かけて「逆8の字」を大地に描く。太陽と地球の悠久で無限な運動が紡ぎだすこのループは、緯度と経度に規定されたこの地特有のものだ」

Dscn7658

帰りにこのポイントで店番をしていた地元の若者に冷たい麦茶をご馳走になりました。古材を使ったこの小屋は、地域振興の拠点の一つ。雪国の暮らしを伝える民具が展示され、地元産の野菜や産物を販売していました。

Dscn7662

2つ目は、№27、渡辺泰幸さんの作品「風の音」。地元の子どもたちの作品も多数、風に漂い涼やかな音色を響かせていました。

Dscn7665

直径15メートルほどのサークル状に土鈴が吊り下げられています。風は見えないけれど、風鈴の音と、大気の揺らめきでその存在を人間に伝えています。

「山道を登りながら聴こえてくるのは、風の奏でる山の音」とガイドブックにありました。

3つ目の作品は№28、ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラーさんの「ストーム・ルーム」です。

Dscn7667

この建物の2階の1室が作品です。ガイドブックの作品解説です。

「夏の夕立に軒下に駆け込む、そんな経験はあるだろう。しかし、この作品では屋根の下でも安心はできない。窓に雷光、木の影のざわめき。見えないものを見せ、感じさせる嵐を起こす」

Dscn7668

この夏の全国各地の豪雨の被害を思うと複雑な気持ちになった作品でした。

街の通りには、若者たちが作品会場を行き来していました。

Dscn7666

4つ目は№33、田島征三さんの作品「鉢&田島征三・絵本と木の実の美術館」です。ガイドブックの解説です。

「3年前、閉校したときの最後の在校生は3人だった。小学校は絵本美術館として生まれ変わり、彼らは永遠の主人公となってその空間を縦横無尽に飛び回る」

Dscn7704

旧真田小学校は、里山の中腹にあります。

Dscn7669

Dscn7671

体育館の作品です。ステージ下のグランドピアノは、製造元の厚意で調律済みで、8月29日には「生きものの目覚め~江尻南美 ピアノリサイタル~」が開かれます。

Dscn7681

Dscn7678

Dscn7687

Dscn7695

教室も廊下も階段も、子どもたちが学び、遊んだ物語が描かれ、いのちが通っています。

Dscn7697

田島征三さんの絵本の数々が展示・販売されていました。

見覚えのある絵本が1冊ありました。我が子どもたちに何十回、何百回となく読み聞かせた『ふきまんぶく』です。子育ての当時は、作者が田島征三さんであるとは認識していませんでした。改めて作者の作品の命の長さを思います。

わずか370分の4の「越後妻有アートトリエンナーレ」でしたが、大地に息づくアートのこころを体験しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊勢原・雨岳文庫でそばの種蒔き

お盆開けの土曜日は、たいていそばの種蒔きです。NPO法人自然塾丹沢ドン会2009年の第5回「丹沢自然塾」は「そばの種蒔きと手打ちそば教室」です。

Dscn7336

まず、雨岳文庫の庭でこの日のスケジュールなどをそば担当の水田さんから説明。庭には天日干しの梅が何とも言えない香りを漂わせていました。

Dscn7331

Dscn7341

ご当主の山口さんもごあいさつ。

Dscn7346

理事長の小川さんからも一言。

Dscn7354

畑に移動して具体的な作業の内容を説明。

Dscn7358

組んでほぐれつの縄を鮮やかに解きほぐす自然塾生。

Dscn7372

縄でラインを引きます。

Dscn7364

鍬で溝を掘ります。

Dscn7381

上手に種蒔き。

Dscn7396

子どもたちも大活躍。

Dscn7377

慣れた手つきの宮代さん。種を播いた後は、足で土をかぶせます。

Dscn7394

60名近い参加者で1反ほどのそばの種蒔きはあっという間に終了しました。

Dscn7403

いい汗をかいてみんな晴れ晴れとした笑顔です。

Dscn7420

国登録指定文化財の古民家の土間で、手打ちそば教室です。

Dscn7408

水田さんの解説と北村さんの実演です。

Dscn7418

身を乗り出して見学しています。

Dscn7466

希望者によるそば打ちの実技です。

Dscn7444

この日打ったそばは量が多くなかったため、ジャンケンで勝った人がお持ち帰り。

Dscn7465

雨岳文庫資料館では「大山道展―大山道合流の地・上粕屋―」が開催中でした。建物の前の古井戸が、蒸し暑い日中に一瞬、涼を運んでくれていました。

Dscn7458

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「熊田千佳慕展」を見に松屋銀座へ

先日、「熊田千佳慕展」を見に松屋銀座に出かけました。平日にもかかわらず、会場はそれこそ足の踏み場もないほどの盛況振りでした。

プチファーブルとも言われている熊田千佳慕さん。展覧会は8月12日から始まりましたが、そのオープニングを確かめるように翌13日にお亡くなりになられました。会場のパネルには、真新しい紙が貼り込まれ、熊田さんの逝去を告げていました。

享年98歳。買い求めてきた図録『プチファーブル 熊田千佳慕展』(編集・発行 朝日新聞社)には、同い年生まれの日野原重明さんが「命の摂理を描く画家 熊田千佳慕さん」と題した一文を寄せていました。

図録のサブタイトルには「自然は愛するからこそ美しい」とあります。一筆一筆に熊田さんの自然を愛する想いの丈が込められていました。その持続する孤高の意志と生命の横溢を感じたことです。

この図録の制作は、奥付を見ると小田原の文化堂印刷でした。HBP700という高精細な印刷技術は、文化堂印刷独自の開発によるものです。夢工房でも、これまでに浮世絵の出版に際して使わせていただいた技術です。図録の仕上がりもしっかりとしていました。熊田千佳慕さんの原画のすごさを感じさせます。

8月21日の「神奈川新聞」文化欄に、元神奈川県立生命の星・地球博物館学芸部長の高桑正敏さんの追悼原稿が掲載されていました。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆くんのかけっことお風呂

お盆休みに☆くんが久しぶりに我が家にやってきました。いつのまにか身長も伸び、手もプクプクふっくらしています。

Dscn7182

Dscn7032

手近にあるもので遊びます。

Dscn7051

一人で「ネンネ」もします。

Dscn7126

テーブルの下も大好きです。

Dscn7232

椅子の上り下りも自由自在、反対に座って「お馬パカパカ」。

Dscn7105

魚もパクパク食べます。

Dscn7258

みんなで作ったオムライスも大好きです。

Dscn7079

天才ピアニストの誕生? な訳はありませんが・・・鍵盤をたたきます。

とにかく部屋から部屋へ歩き回り、かけっこしています。汗をかいて、夕方には☆くんと久しぶりのお風呂です。お湯をかけ、せっけんで体・顔・頭も上手に洗えました。

湯船につかり、私の「シュワッ」とやる噴水を見ながら、☆くんも小さな両手をパシャパシャと合わせて真似をします。「肩までもぐって」というと、湯船のへりにつかまりながら身を沈めます。

久しぶりの☆くんとの「水入らず」のお風呂でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県自然保護協会主催で9月5日に名古木の棚田の自然観察会

8月11日〈火〉夕方、横浜駅西口の県民センターで、神奈川県自然保護協会の理事会が開かれました。このところ行事が重なり月1回の理事会・運営委員会になかなか出席できないでいました。久しぶりに理事・運営委員のみなさんとお会いしました。

神奈川では、水源環境保全再生県民会議において、水源環境保全税に関係して、年間40億円もの事業の企画・実施と、その効果・評価の検証を行っています。本年2月11日には、相模原市で「水源環境保全・再生かながわ県民フォーラム」が開かれ、私も全体会のパネリストの一人として参加しました。

その県民会議の座長を務めておられた横浜国大の金澤史男教授が、先般お亡くなりになりました。大学の講義を終えて廊下に出られたところで倒れられたとお聞きしました。ご冥福をお祈りします。人の命のはかなさを思います。

県民会議の副座長でもある新堀理事長は、その後の県民会議の運営に心を砕いておられるようすが、この日の理事長報告にもうかがえました。

青砥副理事長からは、先に開催された「副知事懇談会」の報告がありました。「生物多様性について」「県内平地・丘陵地の湿地・水辺の現状把握」「箱根・西湘地域の総合調査」「丹沢大山自然再生」についての神奈川県自然保護協会の提案と県の対応について具体的なコメントがありました。

また、今後の行事の一つとして、9月5日〈土〉に、NPO法人自然塾丹沢ドン会のフィールドである秦野市名古木の復元棚田で自然観察会を行います。東海大学の北野准教授を講師に迎えます。定員30名、参加費1人1000円。9時、小田急線秦野駅改札口集合です。観察会の後には、昼食をとりながら、丹沢ドン会との交流会を予定しています。

この日は会議の後、暑気払いとなりました。

Dscn6987

しばし英気を養って夏を乗り切るエネルギーを少しいただきました!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログを始めてはや1年、人と自然に感謝!

アナログ人間の私は、仕事である夢工房のホームページの更新を下の娘に頼んでやってもらっています。忙しい娘の更新の煩雑さを少しはやわらげたいとブログを始めることにしました。

一大決心をしてテキストを見ながら手続きをしたのが、昨年のお盆休みの8月16日のことです。間もなく1年がたとうとしています。

まずは、来訪していただいているみなさまに感謝、感謝です。「ありがとうございます!」

日々の暮らしの中で起るさまざまな出来事、仕事やNPO・市民活動の中で出会うさまざまな人々、家族や孫の成長など、記録に止めておきたいことは次から次へと湧いてきます。

でもそれらを逐一書くこともできませんし、その必要も意味もありません。これからも折に触れて無理せずのんびりと、一人の編集者・一市民の暮らしと仕事との「はざま」を表現していきたいと思っています。

・・・・・・。

Dscn7008

2階の網戸にセミが止まっています。地中で長い時間を過ごしエネルギーを蓄え、地上に現れてわずか1週間、命を燃焼し尽くすセミの一生。

Dscn6983

久しぶりに青空が広がりました。大山は雲がかかって見えません。

Dscn7014

東田原ふれあい農園の借りている畑では、夏野菜がとれます。ナス、茗荷、シソの葉、しばらく行かないとキュウリはすぐに大きくなります。

Dscn7015

40センチもあるキュウリは、キュウリモミにして美味しくいただきました。

自然の恵みにも感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊勢治書店で服藤早苗さんの講演会

8月8日〈土〉午後、小田原市伊勢治書店・ギャラリー「新九郎」で「第1回 西さがみ女性史講座『前近代』」を伊勢治書店と夢工房の共催で開きました。

この日の講師は埼玉学園大学教授の服藤早苗さん、テーマは「平安時代の女性たち」です。

Dscn6915

伊勢治書店本店店長の石川さんが、この日の進行役を引き受けてくれました。本年5月発刊の『西さがみ女性の歴史―原始・古代から現代へ―』(夢工房刊)の前半の原稿を執筆していただいたのが服藤さんです。

Dscn6920

近世以降を執筆された宇佐美ミサ子さんに服藤さんを紹介していただきました。

Dscn6932

日本古代史・家族史・女性史、女性学が専門の服藤さんには、『平安朝の母と子』『平安朝の女と男』(いずれも中公新書)など、多数の著作があります。また、NHKテレビ「ときめき歴史館・堂々日本史」などにも出演されています。この日は、和泉式部を中心にして、平安時代の女性の結婚・性・家族について話されました。

Dscn6941

40名余りの参加者は予定の2時間が過ぎた後も熱心に耳を傾け、「和泉式部は料理をしたのでしょうか」「相模という女性について・・・」などの質問を服藤さんに投げかけました。

当日は、小田原ケーブルテレビ「いちごチャンネル」のカメラが入り、地元のタウンニュース社の女性記者の取材がありました。

今回の参加者は、「新九郎友の会」のみなさんのお声がかりで広がりました。口コミの強さを実感しました。ありがとうございます。

「第2回 西さがみの女性史講座」は、10月~11月に宇佐美ミサ子さんを講師に開催の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地球が怒っている!?

日本列島を襲う、連日の豪雨と地震。何でも「地球温暖化」の影響とかたづけることはできませんが、それにしても自然の営みが、私たちの暮らしに思いもかけないさまざまな影響を与えつづけている、その源に想いを馳せないわけにはいきません。

先日も、ふるさと秋田県で「自然農法」の米づくりを始めているNPO法人自然塾丹沢ドン会のメンバーの工藤誠幸さんから電話がありました。

「今年は、日照時間が不足して米づくりに影響が出そうです。まだ、こちらは梅雨が明けていないんですよ。秋田でも農村と都市を結ぶ色んな取り組みが行われ始めました。一度見に来てください」

自然の成り行きは、長い物差しで見ないと判断を誤るとはよく言われることです。農業は、まさに自然の厳しさや恵みを実感する「なりわい」です。農薬や除草剤を使って、いっとき、手間隙を省き、収穫量を上げても、長い眼で見ると地力を衰えさせ、安全・安心な食べ物づくりからは遠く離れます。

各地で人知れず、こだわりの農業・食べ物づくりに取り組んでいる工藤さんのような人たちはたくさんいることでしょう。その活動を孤立させないための仕組みをどのように作り出したらいいのか、考えあぐねています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秦野市名古木の棚田にTV取材の下見に

8月7日〈金〉の午前中、制作会社「共同テレビ」の伊藤ディレクターと倉本さんがやってきました。国道246沿いの「ニトリ」の駐車場で待ち合わせ、直線距離で1キロ足らずのところにある名古木の棚田に案内しました。

Dscn6892

この日は雲の間から真夏の太陽が照りつけ、田んぼのあぜ道を歩くと稲や草の匂いに包まれました。植物たちの日々成長するエネルギーの証なのでしょう。

この間おこなった草刈りから間もないのですが、土手やあぜの草はあっという間に丈が伸びています。私は小田原の「戦争孤児の物語・原画展」で参加できませんでしたが、8月1日、棚田の周囲にシカ・イノシシよけのネットをドン会のメンバーがはりました。

フジテレビの毎週火曜日の夜11時少し前に「森のささやき」という5分間番組があるそうです。共同テレビのお2人は、その企画・制作を担当していて、NPO法人自然塾丹沢ドン会の名古木の棚田復元活動と棚田の風景を取り上げたいとのことでした。

Dscn6903

伊藤さんは、休日には自転車でヤビツ峠まで何回も来ているそうですが、市街地のすぐ近くにあるこの棚田の異空間にびっくりしていました。

地域の人たちの想いによってこれまで伝統的な農村風景が守られてきたこと、ドン会はそこに入らせてもらって、未来の子どもたちに伝えるお手伝いをしていることを話しました。

Dscn6900

上空にはノスリが1羽、風にのって旋回していました。植物連鎖の頂点に立つ猛禽類が生息できる自然がここにはあります。

Dscn6901

Dscn6904

稲の花が咲いています。稔りの秋はもうすぐ。9月下旬には稲刈りです。自然との付き合い方、ゆるやかな時間と空間を番組で表現して欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増田昭一「戦争孤児の物語」原画展 その2

8月1日〈土〉~3日〈月〉に小田原・伊勢治書店で開催した、増田昭一「戦争孤児の物語」原画展の続報です。

Dscn6517

増田昭一さんを取り上げた新聞・雑誌の記事から一部をパネルにして掲げました。

テーブルには、まだインクの匂いのする『戦場のサブちゃんとゴン―満州・磨刀石の戦いを生きた二つの命』〈夢工房〉をはじめとした5冊の書籍を並べ、販売しました。大勢の方に手にとっていただき、お買い求めいただきました。

会場の最初のコーナーは『戦場のサブちゃんとゴン』の原画です。

Dscn6519

Dscn6521

Dscn6516

次は『来なかったサンタクロース』の原画です。

Dscn6514

Dscn6554

その次は、『満州の星くずと散った子供たちの遺書』と『約束』の原画です。

Dscn6512

原画展実行委員会のメンバーでもある「おだわら城北九条の会」が作成したパネルの展示もやりました。

Dscn6549

3日間で、およそ200人の来場者がありました。会場の都合で致し方ないことでしたが、もう少し開催期間を長くしてほしいという要望が寄せられました。これは、原画展が、今回1回限りではないことを予感させられました。もっと多くの大人や子どもたちに見て、感じてもらうための企画を考えたいものです。

短い期間ではありましたが、この原画展が「戦争や平和」について考えるきっかけになったことは、実行委員のメンバーの一人として大いに勇気づけられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏真っ盛り、セミの声と抜け殻

朝からセミの声が「シャーシャー」と響きます。ビワの木に2匹のセミが・・・。夏、真っ盛りです。

Dscn6821

庭に出てみるとセミの抜け殻が朝の光を浴びて飴色に輝いていました。

Dscn6812

山椒の実が色づきました。

Dscn6813

ミカンの実が少し大きくなりました。

Dscn6814

最近、大はずれの天気予報。

何でも地球温暖化の影響のせいとはかたづけられない、日本の夏です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増田昭一「戦争孤児の物語」原画展、終了しました!

8月1日〈土〉~3日〈月〉の3日間開催した、増田昭一さんの「戦争孤児の物語」原画展を無事終えることができました。81歳の増田さん、ほんとうにお疲れさまでした。

地域の文化発信の基地として、会場を快く提供いただいた小田原・伊勢治書店の筒井社長、ギャラリー「新九郎」の企画・運営担当部長の木下さん、実行委員会のメンバーである、おだわら城北九条の会のメンバー、戦時下の小田原地方を記録する会代表の飯田さん、ありがとうございました。

そして何よりも、会場に足を運んでいただいた多勢のみなさんのお陰で、原画展は成立しました。「戦争や平和」について少し立ち止まって考える場と時間を持つことができたように思います。ありがとうございました!

3日間会場に詰めました。受付担当の女性陣に甘えて、私は喫茶コーナーで持ち込んだゲラの校正をしたり、転送された電話が携帯に入ったり、こちらから連絡したりで、まるで夢工房の動く社長室(?)ができたみたいでした。

8月1日は、増田昭一さんが語る「戦争孤児の物語」を開きました。

Dscn6572

私は司会を担当しました。北鎌倉湧水ネットワークの野口稔さんが記録写真のお手伝いをしてくれました。

Dscn6559

Dscn6570

増田さんの口からは、満州から生きて日本に帰ることのできなかった孤児たちの慟哭と深い悲しみが語られました。

Dscn6619

海老名芸術プロジェクトの甘利真美さんは「満州の孤児の想い」を歌ってくれました。増田昭一さんの本『満州の星くずと散った子どもたちの遺書』〈夢工房〉の中から村山豊くんの遺書をもとに甘利さんが作詩・作曲しました。

Dscn6624

「僕が生まれかわったら

僕が生まれかわったら 空を飛ぶ大きな鳥になりたい 鳥の中でも白鳥になりたい 家族そろって海を越えて 日本に帰りたい・・・」

豊くんの遺書です。

「島根のおばあちゃん、母ちゃんと妹のあやちゃんと生まれたばかりの赤ちゃんは、僕の足手まといにならないようにと自殺しました。僕は新京敷島地区難民収容所で死にます。

死ぬのは恐くありません。でも残念です。おばあちゃんは僕の分まで長生きしてください。父ちゃんが帰ってきたら、泣かないように言ってあげてください。 豊」

Dscn6637

語りと歌の後には、同じ会場でテーブルを並べて、1人1000円会費のささやかな「増田昭一さんを囲んで・・・」の集いです。参加者全員にマイクを向けると、あふれる想いに、なかなかマイクを離さない人が続出しました。

Dscn6551

予定時間を30分ほどオーバーして閉会しました。「伝える」ことの大切さを実感しました。一人ひとりができることが何かありそうです。原画展の開催がそのささやかなきっかけになってくれればと願いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から増田昭一「戦争孤児の物語」原画展を伊勢治書店で

「戦争と平和」について想いを馳せる8月になました。

今日から、小田原・伊勢治書店のギャラリー「新九郎」で、増田昭一さんの「戦争孤児の物語」原画展を開催します(3日まで)。

Scan10552

この原画展は、増田昭一さんの夢工房からの5冊目の本『戦場のサブちゃんとゴン―満州・磨刀石の戦いを生きた二つの命』(2009年8月15日発行)を記念して開催するものです。

Scan10553

さっそく神奈川新聞の緒方記者が取り上げてくれました。

Scan10544

今日午後2時から、「増田昭一さんが語る『戦争孤児の物語』」(参加無料)があり、増田さんご自身の戦争体験、難民収容所でともに過ごした孤児たちの命の叫び、戦争の悲惨を語ります。海老名芸術プロジェクトで、歌と朗読による「満州の星くずと散った子供たち」の上演を手がけた甘利真美さんが駆けつけてくれ、歌を歌っていただけることになりました。

午後3時半からの「増田昭一さんを囲んで・・・」(参加費1人1000円、高校生以下は無料)では、増田さんを囲んで、軽食で交流・懇談をしながら、「戦争や平和」について語り合います。

どうぞお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »