« 増田昭一「戦争孤児の物語」原画展 その2 | トップページ | 地球が怒っている!? »

秦野市名古木の棚田にTV取材の下見に

8月7日〈金〉の午前中、制作会社「共同テレビ」の伊藤ディレクターと倉本さんがやってきました。国道246沿いの「ニトリ」の駐車場で待ち合わせ、直線距離で1キロ足らずのところにある名古木の棚田に案内しました。

Dscn6892

この日は雲の間から真夏の太陽が照りつけ、田んぼのあぜ道を歩くと稲や草の匂いに包まれました。植物たちの日々成長するエネルギーの証なのでしょう。

この間おこなった草刈りから間もないのですが、土手やあぜの草はあっという間に丈が伸びています。私は小田原の「戦争孤児の物語・原画展」で参加できませんでしたが、8月1日、棚田の周囲にシカ・イノシシよけのネットをドン会のメンバーがはりました。

フジテレビの毎週火曜日の夜11時少し前に「森のささやき」という5分間番組があるそうです。共同テレビのお2人は、その企画・制作を担当していて、NPO法人自然塾丹沢ドン会の名古木の棚田復元活動と棚田の風景を取り上げたいとのことでした。

Dscn6903

伊藤さんは、休日には自転車でヤビツ峠まで何回も来ているそうですが、市街地のすぐ近くにあるこの棚田の異空間にびっくりしていました。

地域の人たちの想いによってこれまで伝統的な農村風景が守られてきたこと、ドン会はそこに入らせてもらって、未来の子どもたちに伝えるお手伝いをしていることを話しました。

Dscn6900

上空にはノスリが1羽、風にのって旋回していました。植物連鎖の頂点に立つ猛禽類が生息できる自然がここにはあります。

Dscn6901

Dscn6904

稲の花が咲いています。稔りの秋はもうすぐ。9月下旬には稲刈りです。自然との付き合い方、ゆるやかな時間と空間を番組で表現して欲しいものです。

|

« 増田昭一「戦争孤児の物語」原画展 その2 | トップページ | 地球が怒っている!? »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秦野市名古木の棚田にTV取材の下見に:

« 増田昭一「戦争孤児の物語」原画展 その2 | トップページ | 地球が怒っている!? »