« 政権交代で「何も変わらない?」はずはありません! | トップページ | 「秦野の鹿鳴館」再建提案をタウンニュースに »

東田原ふれあい農園からダイヤモンド富士?

9月25日(金)夕方、連れ合いから携帯電話に連絡が入っていました。それに気づかずに小田原からの仕事帰りに秦野市内の旨酒屋・片倉商店に寄り日本酒を買い求めて我が家に帰りました。

連れ合いは「東田原ふれあい農園」で借りている畑で農作業をして、ナスやインゲンなど秋野菜を大量に持ち帰りました。台所で収穫した野菜を洗いながら、「農園からダイヤモンド富士を見たよ」と得意げです。私に電話をくれたのは、「帰る途中なら農園に寄って写真を撮ったら」と伝えたかったようです。

やむなく連れ合いは自分の携帯のカメラで西の空を撮りました。5時12分、まさに富士山の真上にダイヤモンドのように茜色の太陽が輝いていました。

翌日、私は畑に水遣りに行きました。雲がなく晴れていれば5時10分くらいにはダイヤモンド富士が見えるはずでした。残念ながら西の空は厚い雲がたなびき、富士山の姿は見えません。

Dscn8885

ダイヤモンド富士は次の機会にお預けです。

借りている畑では、種蒔きの時期を少しずつずらして、順繰りに秋の野菜が育っています。

Dscn8890

Dscn8891

大山を借景にコスモスが今を盛りと咲いています。

Dscn8901

一段高台にある東田原ふれあい農園からは、源実朝御首塚と田原ふるさと公園が望めます。近くには中世の時代に全国に分派して活躍した波多野氏ゆかりの金剛寺があります。波多野氏の祖・田原藤太秀郷の末裔である民俗学者・柳田國男もこの地を訪れ「游秦野記」を記しました。

霊峰富士を望み、歴史を感じ、スローフードの真似事を楽しむことができる丹沢山ろくに暮らす喜びを感じながらデジカメのシャッターを押します。

|

« 政権交代で「何も変わらない?」はずはありません! | トップページ | 「秦野の鹿鳴館」再建提案をタウンニュースに »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東田原ふれあい農園からダイヤモンド富士?:

« 政権交代で「何も変わらない?」はずはありません! | トップページ | 「秦野の鹿鳴館」再建提案をタウンニュースに »