« 「秦野の鹿鳴館」再建提案をタウンニュースに | トップページ | ☆くんと「カンパーイ!」 »

「秦野たばこ祭」市内中学校美術部員制作の「らんたん」に遭遇

9月26日(土)、27日(日)の2日間、第62回「秦野たばこ祭」が開催されました。「たばこ」を冠にした全国唯一の祭です。タバコの害が喧伝され、神奈川県では受動喫煙防止条例が施行されているのに、なぜ「たばこ祭なの・・・」と言う声は多いようです。

古谷義幸秦野市長は、開催のあいさつの中で次のように述べています。

「秦野のたばこ耕作は、昭和59年に終焉を迎えましたが、300年を超える歴史のもとで、先人たちは、知恵を結集し、幾多の困難を乗り越えながら、常に技術革新に取り組んでまいりました。

こうした先人たちの『ものづくりへの情熱』と『進取の気質』は、今もなお、たばこ祭とともに、私たち市民の心の中に受け継がれています」

Scan10567

俳優の苅谷俊介さんやロックシンガーの白井貴子さんが、来年、秦野で開催される「全国植樹祭」の普及・啓発のための「全国植樹祭広場」に出演しました。と言っても私がその催しに参加したわけではありません。全戸に配布された祭のリーフレットの催し物情報です。

27日の夕方、連れ合いと散歩がてら、たばこ祭の会場近くの「本町四ツ角」周辺を歩きました。当日のプログラムを確認して出かけたわけではありませんが、偶然にも市内各中学校美術部員などによる「らんたん」に出会いました。

Dscn8909

Dscn8913

Dscn8916

Dscn8920

Dscn8926

Dscn8929

Dscn8932

Dscn8939

Dscn8941

Dscn8944

Dscn8947

市内には、鶴巻・大根・本町・南・南が丘・東・北・西・渋沢中の9つの中学校があります。中学生たちは、思い思いに「らんたん」のテーマを決めていました。中には、プロはだしの絵もあり、見ごたえがありました。浴衣姿で自分たちが制作した「らんたん」を引く中学生たち、このようなかたちで地域の祭に参加するのもいいものですね。

Dscn8908

「らんたん」の通る沿道では、中華料理店のご主人がメン作りのパフォーマンスをやっていました。

Dscn8955

歩行者天国は人でいっぱい。

Dscn8961

7時30分から「弘法の火祭」が開催されるのですが、水無川河川敷の会場の前を残念ながら私たちは通り過ぎ、踏切の近くの「パンのくま小屋」さんの近所で評判のパンを買い求めて帰りました。ご主人に店の名前の由来を聞くと、こう答えてくれました。

「よく聞かれるんですよ。私が熊に似ているとみなさんが言うので、いっそのこと店の名前にしちゃいました!」

「そうなんですか。でも、親しみがあっていいですね!」と私は思わずご主人の顔を見てしまいましたが、頭巾とマスクでよく分かりません。

Dscn8965

Dscn8963

大きな体で、美味しいパンを手づくりしているご主人は、きっと優しい熊さんなのでしょう。少しずつお店のファンも増えているようで、頼もしい限りです。

その後、2階の窓からは、権現山山頂から打ち上げられる花火を堪能しました。

|

« 「秦野の鹿鳴館」再建提案をタウンニュースに | トップページ | ☆くんと「カンパーイ!」 »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

これはフロートではなく、らんたんですよ。
フロートパレードは残念な事に去年から中止させられてしまいました。
本当のフロートパレードを見たいのでしたら、フロート製作チーム水希というチームが復活をさせる為に既に行動を開始していますので接触してみてはどうでしょうか?

投稿: | 2009年10月 1日 (木) 12時42分

ご指摘ありがとうございます。早速訂正させていただきました。(夢)

投稿: | 2009年10月 1日 (木) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「秦野たばこ祭」市内中学校美術部員制作の「らんたん」に遭遇:

« 「秦野の鹿鳴館」再建提案をタウンニュースに | トップページ | ☆くんと「カンパーイ!」 »