« 『元気に百歳』10周年記念号、発刊まぢか | トップページ | 『丹沢の文学往還記』神奈川新聞読書欄に »

フジテレビ「森のささやき」名古木の棚田を2週連続放映

9月8日、15日の火曜日夜、NPO法人自然塾丹沢ドン会が米づくりを行っている名古木の棚田の風景が2週連続放映されました。

その中に一部、一つ北の沢筋で地元の農家や、東海大学自然環境課程室田ゼミの学生たちが取り組んでいる棚田の風景も取り込まれていました。

第1週は「美しき里山の物語」、昨夜の第2週は「森と水と稲穂の物語」。

見慣れているはずの棚田の風景が、田中好子さんの静かな語りと、プロデューサーやカメラマンなどプロの手にかかり、メッセージ豊かな映像に仕上がりました。

地元「タウンニュース」の紙面(9月12日発行)や秦野市観光協会のホームページでも取り上げていただきました。

Scan10564

その名古木の棚田は、今週土曜日(19日)がドン会の稲刈りです。

Scan10565

9月10日発行の『ドン会ニュース』№10は、「ドキュメント 稲ができるまで」と、たわわに稔った田んぼの稲を写真をかかげ、稲刈りへの参加を呼びかけています。

また、先日実施した生き物観察会の報告の中で、広報担当の金田克彦さんは次のように書いています。

「私たちの棚田の米づくり活動によって保たれている水辺や光の空間があるからこそ、生き物が生き続けられる、それを実感した1日でした」

棚田で稲刈りをしてみませんか?

|

« 『元気に百歳』10周年記念号、発刊まぢか | トップページ | 『丹沢の文学往還記』神奈川新聞読書欄に »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フジテレビ「森のささやき」名古木の棚田を2週連続放映:

« 『元気に百歳』10周年記念号、発刊まぢか | トップページ | 『丹沢の文学往還記』神奈川新聞読書欄に »