« ともに生きるグループホーム研究会 | トップページ | 秦野の鹿鳴館再建の会の揮毫 »

秦野の里山ウォーキング

久しぶりにウォーキングでいい汗をかきました。秦野の名古木の棚田から念仏山・吾妻山を経て鶴巻温泉まで、およそ3時間ほど。NPO法人自然塾丹沢ドン会の「自然塾」のカリキュラムの一つです。

Dscn9497

この日の企画・案内人は、宮代隆さん。

「あの尾根を伝って鶴巻温泉まで行きます!」

出発前に元気な顔で記念写真。

Dscn9502

このうち30人がウォーキングに参加、残りのメンバーは棚田で環境整備の作業です。いざ出発です。

Dscn9503

いつもとは違う方向から棚田を見ました。

Dscn9505

里山ではミカンが色づきました。

Dscn9506

Dscn9510

Dscn9511

Dscn9513

Dscn9514

Dscn9525

Dscn9521

この日のコースの近くで見つけた野の花たちです。アザミやミズヒキ、トリカブトも咲いていました。

Dscn9530

Dscn9527

名古木地区の里山をぐるりと囲むように防護ネットが張られています。

Dscn9548

動物と人間、どちらが囲われているのでしょう。 ネットに首を突込み身動きできずに餓死したと思われる小鹿が一頭いました。

Dscn9557

Dscn9564

Dscn9566

Dscn9565

念仏山で昼食をとりました。

Dscn9563

秦野の街並みがかすんで見えます。

Dscn9575

尾根には高圧送電線の鉄塔がいくつもありました。

Dscn9574

秦野盆地を実感。

Dscn9580

善波峠を越えます。「動物注意」の看板には熊の絵が書かれています。

Dscn9587

荒れ放題の植林地。

Dscn9593

ミカン山も手入れがされていません。

Dscn9591

Dscn9592

ドングリの実がたくさん落ちているところで小休止。

Dscn9595

Dscn9597

吾妻山です。ここにも「吾妻はや」の伝説があります。

Dscn9596

Dscn9600

鶴巻温泉へ降ります。

Dscn9603

東名高速道路のガードをくぐります。

Dscn9607

Dscn9608

いい汗かいて鶴巻温泉「弘法の里湯」に到着。解散の前に「お疲れさま」の集合写真。晴れ晴れとした笑顔です。弘法の里湯に入る人、三々五々鶴巻温泉駅へ向かう人。

宮代さんたちと私は味噌オデンでビールを少々いただきました。駅に向かうころには雨の粒が大きくなっていました。

|

« ともに生きるグループホーム研究会 | トップページ | 秦野の鹿鳴館再建の会の揮毫 »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秦野の里山ウォーキング:

« ともに生きるグループホーム研究会 | トップページ | 秦野の鹿鳴館再建の会の揮毫 »