« 「里地里山全国フォーラム」その2 | トップページ | 紅葉真っ盛り、丹沢ドン会の「収穫祭」開催 »

秦野市羽根で上智大学「ソフィア祭」カーボンニュートラルの植樹活動

11月29(日)は、朝から晴れ。錦秋の里山を背景にNPO法人自然塾丹沢ドン会の収穫祭です。9時前から丹沢ドン会のメンバー、2009年「丹沢自然塾」の塾生たちが集まり、「収穫祭」の会場設営・準備が始まりました。

Dscn0917

Dscn0919

私は、この日10時から秦野市羽根の「秦野市里山ふれあいセンター」で開催される上智大学「ソフィア祭カーボンニュートラル」による学生たちの植樹のために、準備の途中で抜け出し、里山ふれあいセンターに向かいました。

すでに秦野市森林づくり課の相原課長、森林組合の今井専務理事が、この日の苗木の準備にかかろうとしていました。間もなくドン会の「丹沢自然塾」の自然体験活動に参加している「ローターアクトクラブ」のメンバー4人が到着。

Dscn0927

クヌギ・コナラの4年生の苗木200本は、森林組合で手配してありました。伸び過ぎた根を少し切って植えやすくします。ローターアクトのメンバーが早速ノコギリで作業です。

Dscn0926

上智大学教授の師岡文男さんも間もなく到着。師岡さんとは、先に開催された「里地里山保全再生全国フォーラムinはだの」の第2部の会場でお会いしています。この日は学生たちの植樹活動の立ち合いです。ドン会のメンバー工藤誠幸さん、宮代隆さんも駆けつけました。

Dscn0928

植樹した場所には、この看板を設置します。

Dscn0932

学生代表があいさつ。

Dscn0949

今井専務理事が里山の現状と役割について学生たちに話しました。私はこの途中で、ドン会の収穫祭会場に引き返しました。この後の植樹作業は、工藤さんに写真撮影を依頼しました。

Dscn0950

上智大学生・OBなど30名余り、ドン会・ローターアクトクラブのメンバー6名、総勢40名は、ヘルメットをつけてセンターからすぐ近くのドン会の管理地に向かいました。

Dscn0954

森林組合の職員が植樹の指導をします。

Dscn0961

Dscn0966

穴を掘って1本1本ていねいに植えました。学生たちは、今後、草刈りやクヌギ・コナラの成長を見守るそうです。

Dscn0957

ドン会の里山担当の宮代さんは、慣れた手つきで草払い作業。秦野市からこの日のために提供された記念植樹用のヤマザクラ10本を植えました。

Dscn0973

里山のふもとには秦野市街が広がっています。

今回の植樹活動を通して、この日の参加者一人ひとりが、これからの暮らし方・生き方を考えるきっかけになれば幸いです。この日の植樹活動は、『上智大学通信』にも掲載される予定です。

|

« 「里地里山全国フォーラム」その2 | トップページ | 紅葉真っ盛り、丹沢ドン会の「収穫祭」開催 »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秦野市羽根で上智大学「ソフィア祭」カーボンニュートラルの植樹活動:

» 自然現象には [アトピーコム]
アトピー [続きを読む]

受信: 2009年11月30日 (月) 11時16分

« 「里地里山全国フォーラム」その2 | トップページ | 紅葉真っ盛り、丹沢ドン会の「収穫祭」開催 »