« 紅葉真っ盛り、丹沢ドン会の「収穫祭」開催 | トップページ | 雨上がりのダイヤモンド »

信州・小布施のおもてなし

小布施の街の散策のつづきです。

街なかをぐるりと地図を片手に散策しました。クリやリンゴの果樹の畑が広がっている道路端で、とある農家の人が畑の中で使う運搬車両の整備をしていました。

連れ合いが、「小布施ワイナリーは、どちらの方向ですか?」と聞きしました。と言うのも、このワイナリーのホームページには、「一般住宅地の中にひっそりとある場所にたどり着くのは容易ではない」と書かれているのです。

40代半ばの男性は、「ちょっと待って・・・」と作業小屋に入り明細地図をお持ちになりました。目的地までの行き方を、「目印の看板のところを左に入ってしばらく行くと・・・」と、ていねいに説明してくれました。

Dscn9262

挙句、「・・・うーん、少し分かりにくい道だから自分の車で連れて行こうか?」と言うのです。

こちらも車できています。さすがにそれはお断わりして、「ありがとうございました」と御礼を言って、市街地の駐車場に止めてあるプリウスまで歩きました。自分たちの車で道案内のとおりに走り、「小布施ワイナリー」をなんとか探し当てることができました。

「小布施ワイナリー」へは、少し離れた駐車場から歩きます。

Dscn9335

建物の入口には、「よくもあきらめずに私達の所を見つけ出してくれました!」と看板が出ています。

Dscn9337

ワイナリーの中はたくさんのお客さんが品定めをしていました。私は残念ながら車の運転。試飲は連れ合いに任せ、美味しそうな赤ワインを1本買い求めました。

そして駐車場へ帰る前に、ワイナリーの周辺を少し散策していると、女性ドライバーの車の窓がスルスルと開き、私たちに声がかかりました。

「駅まで送って行きましょうか?」

私たちは、丁重にお断りして散歩をつづけました。

まちづくりは、「そこに暮らす人たちが、自分の街を愛することから始まる」とはよく言われることです。大切なわが街を訪れてくれた人にどのような応対をするのか。この日、出会ったお2人の小布施びとの、さりげない「もてなし」にたいそう感銘を受けました。

20年ほど前に秦野まちづくりフォーラムのメンバーとこの地を訪れたことがありましたが、その後、小布施の街がこれほどまでに賑わっている理由が分かる気がしました。

地域全体が輝くために「バカになって」励むリーダーがいること、地域にある宝物を時間をかけて磨くこと、地域の人たちのもてなしの心を育むこと、この3つを兼ね備えたまちづくりは本物だと実感しました。

|

« 紅葉真っ盛り、丹沢ドン会の「収穫祭」開催 | トップページ | 雨上がりのダイヤモンド »

見て歩き・まちづくり」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信州・小布施のおもてなし:

« 紅葉真っ盛り、丹沢ドン会の「収穫祭」開催 | トップページ | 雨上がりのダイヤモンド »