« 首都圏出版人懇談会20周年企画検討会開催 | トップページ | 記者・作家・編集者の不思議なご縁 »

神奈川県自然保護協会理事会に出席

日の暮れるのが早くなりました。12月8日(火)の夕方、最寄のバス停でバスを待つころには、行き交う車のヘッドライトが点り、西の空に陽は傾いていました。

横浜駅西口近くの「神奈川県民センター」において神奈川県自然保護協会の理事会・運営委員会が開かれ、3か月ぶりに出席することができました。会は始まったばかりで、本題に入る前の「情報提供」の懇談の最中。

最近、参加者が感銘を受けた書籍が紹介され、回覧されていました。

☆森 稔著『ヒルズ 挑戦する都市』(朝日新書)@820

☆山田 健著『ゴチソウ山』(角川春樹事務所)@1600

☆エコミュージアム金目まるごと博物館自然景観部会『金目の自然・景観ガイドブック』@500

3冊3様。ビルの屋上に田んぼを作り、米づくり。小説の形を取りながら里山の環境問題をやさしく物語る。カラー写真で金目の自然と景観の宝物を紹介。

また、理事の一人は、この日訪れた千葉県流山市にあるとある城跡が荒廃し、里山になっていることを報告しました。

本題に入って、さまざまな報告と検討テーマがありました。

11月29日に厚木市で開催された、県自然保護協会主催の「野生動植物保全フォーラム」では、千葉県の生物多様性に対ついての先進的な取り組みが注目。神奈川県における課題が話されました。

2010年2月19日(金)には、県自然保護協会主催の公開勉強会「ブナ林再生への道のり―ブナハバチとブナ林―」が横浜市開港記念館で開かれます。当日の講演内容や役割分担が話し合われました。

2月24日(水)には、地形地質観察会が開かれます。「丹沢が約400万年前に本州に衝突した証拠を見よう!」と、当会の松島理事が宮ケ瀬周辺を案内します。

神奈川県自然保護協会のHPがリニューアルしました。手がけていただいたのは、本会会員の娘さん。ITに尻込みする団塊おじさんは頭が上がりません。

「すっきりとしたレイアウトで、見やすく編集されています」と、私は出掛けに少し覗いてみたHPの感想を話しました。

神奈川県自然保護協会の公式ブログ「自然生生」の管理人は「泰彰君」。速報性のあるHPとブログで、神奈川の自然環境や自然保護運動に関する情報が、やわらか頭脳で発信されることと楽しみです。

青砥副理事長からは、しばらく発刊されていなかった『神奈川の自然』について、再度、編集協力の要請がありました。青砥さんと、もう一人の田中編集委員ともども、来年の発刊を目指してアイディアを持ち寄ることになりました。

|

« 首都圏出版人懇談会20周年企画検討会開催 | トップページ | 記者・作家・編集者の不思議なご縁 »

市民・NPO活動」カテゴリの記事

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川県自然保護協会理事会に出席:

« 首都圏出版人懇談会20周年企画検討会開催 | トップページ | 記者・作家・編集者の不思議なご縁 »