« 雨上がりのダイヤモンド | トップページ | 神奈川県自然保護協会理事会に出席 »

首都圏出版人懇談会20周年企画検討会開催

12月4日(金)夕方、JR御徒町駅近くの、魚の吉池直営「池田屋御徒町本店」で首都圏出版人懇談会の会合がありました。

首都圏出版人懇談会は、1990年12月に発足して、来年20周年を迎えます。地域にこだわって出版活動をつづける夢工房はじめ17社+地方・小出版流通センターの18社で構成されている略称「首都懇」。県単位での横のつながりは長野県、沖縄県など幾つかあるようですが、「広域での地域出版の横の連携が20年もつづいているところは数少ない」とは、この日参加の地方・小出版流通センターの中村さんの話です。

経済不況下、加盟各社はさまざまな工夫を凝らして出版活動をつづけていますが、「首都懇20周年」記念のイベントをとおして地域出版のこころざしと意味を情報発信したいと考えています。

一つにはテーマを絞ったブックフェアを各県で開催する。もう一つは地域出版のメッセージを情報発信する催しを企画する。この2つを「20周年企画小委員会」で具体化することになりました。この日は基本方針を決めて、恒例の忘年会に。

Dscn1192

Dscn1191

Dscn1187

このお店は、「首都懇」会長のさきたま出版会・星野和央さんのごひいきのお店です。ビールの乾杯が終わると店長から、新潟の銘酒「八海山」の差し入れがありました。

「池田屋御徒町本店」は、御徒町駅の北口にあるファミリーデパート「吉池」の直営店。新潟の酒をはじめとした全国のお酒が2階のフロアーいっぱいに陳列・販売されています。店長の心遣いに感謝。

Dscn1188

Dscn1190

Dscn1189

Dscn1193

Dscn1194

Dscn1195

参加者は2時間の飲み放題コースを十分に味わいました。

酔い覚ましに御徒町駅周辺をぶらり。ちょっと立ち寄ったところが「大統領」。

Dscn1225

Dscn1206

デフレスパイラルは困りますが、今宵は安くて美味しい庶民の町「御徒町」に乾杯!

|

« 雨上がりのダイヤモンド | トップページ | 神奈川県自然保護協会理事会に出席 »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首都圏出版人懇談会20周年企画検討会開催:

« 雨上がりのダイヤモンド | トップページ | 神奈川県自然保護協会理事会に出席 »