« 第2回「西さがみ女性史講座」近現代を開催します | トップページ | COP10に向け、名古木の復元棚田に東南アジアから視察団 »

木下尊惇さんのフォルクローレを聞きに秦野市立本町公民館へ

丹沢ドン会の収穫祭のときに、フォルクローレの木下尊惇さんに「演奏会ではないですが、ある集まりで3~4曲演奏します。時間があったらお出でになりませんか?」と声をかけていただきました。

日曜日の午後、秦野市立本町公民館の和室でその集まりがあり、少しの時間でしたが私も参加させていただきました。この集まりは、秦野市内に在住する外国籍の人たちに日本語教室を開催し、生活相談のNPO活動を行っている2つのグループです。

東南アジアの人々と歩む会(原田慎二代表)と中南米の人々を考える会(今福清司代表)の合同の忘年会。東南アジアや中南米の各国の料理は隣の調理室で朝から準備され、テーブルの上は国際色豊か。外国籍の大人や子ども、それを支える日本人のメンバーなど60名近い参加者です。

東南アジアの人々と歩む会は、来年20周年を迎えるということで、記念イベントも計画されているようです。

この日会場に取材にきていた神奈川新聞のO記者は、秦野支局勤務時代から20年近いお付き合いです。「秦野の市民活動で今日までつづいているのは、この会と丹沢ドン会だけ」と話していました。

Dscn1472

今福さんほかのギター演奏です。ドン会の収穫祭のときも出演していただいた「ホンチョス」のメンバーも一人演奏に加わっていました。また、丹沢ドン会のメンバーの一人もこの会に参加していました。「ここでお会いするとは」と、お互いビックリ。

Dscn1478_2

10年もボリビアで暮らしながらフォルクローレの演奏活動をつづけてきた木下さん。「すべてのみなさんの母国語であいさつできればいいのですが・・・」と会場に語りかけながら、日本語とスペイン語であいさつ。さっそくフォルクローレの演奏です。会場のみなさんも、手拍子、足拍子を交えながらフォルクローレを堪能しました。

Dscn1481

ゲストとの競演もあり、5曲ほどのミニコンサート。最後に、会場から「コンドルは飛んでいる」のアンコールが寄せられました。やはりフォルクローレの定番。30分ほどの楽しいフォルクローレの時間をありがとうございました。

|

« 第2回「西さがみ女性史講座」近現代を開催します | トップページ | COP10に向け、名古木の復元棚田に東南アジアから視察団 »

音楽」カテゴリの記事

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木下尊惇さんのフォルクローレを聞きに秦野市立本町公民館へ:

« 第2回「西さがみ女性史講座」近現代を開催します | トップページ | COP10に向け、名古木の復元棚田に東南アジアから視察団 »