« 伊勢治書店で「西さがみ女性史講座」開催 | トップページ | ☆くんと散歩 »

「しんぶん赤旗」ひと欄に記事掲載

昨日、第3種郵便物が届きました。2009年12月19日(土)の『しんぶん赤旗』「ひと」の欄に名古木の復元棚田におけるNPO法人自然塾丹沢ドン会の活動が紹介されました。

Scan10660

取材は3週間ほど前に行われました。棚田周辺の里山は紅葉の真っ盛り。青空にノスリが舞う小春日和の農村風景が広がっていました。

掲載された12月19日は、東京・湯島の和食処で編集者の集まりがありました。お店に入りご主人にあいさつするなり、「今朝の新聞に記事が出ていましたよ」と。

取材は受けていましたが、いつ掲載されるかは知らされていませんでしたので、ビックリ。このご主人は、『朝日新聞』夕刊の「ニッポン人脈記」(2008年2月8日)に「人と人を編む 丹沢の棚田」として掲載されたときも、いの一番に「見ましたよ」と声をかけていただいています。

翌12月20日(日)は、小田原のすし屋で地域の異業種文化サロン「夜の会」の忘年会が開かれました。たまたま隣の席に座った詩人に、これまた「新聞、読みましたよ。少し緊張した顔で載っていましたね・・・」と話しかけられました。

私自身が現物を見ていないうちに掲載された記事はいつの間にか一人歩きして多数の読者に届いていることを実感しました。

|

« 伊勢治書店で「西さがみ女性史講座」開催 | トップページ | ☆くんと散歩 »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「しんぶん赤旗」ひと欄に記事掲載:

« 伊勢治書店で「西さがみ女性史講座」開催 | トップページ | ☆くんと散歩 »