« 森林づくりフォーラム(2月13日・かながわトラストみどり財団)のパネリストに | トップページ | 丹沢ドン会・石川敏雄さん逝く »

弘法山の朝陽と丹沢山塊の雪景色

1月13日(水)朝、目覚めて2階の窓を開けると一筋の光が我が家まで届きました。

Dscn2700

弘法山の南に太陽が顔を出したばかりです。

階下に降りてしばらくすると、窓の外にちらほらと雪が舞ってきました。

Dscn2705

カメラではそのようすは写すことができませんでしたが、標高150メートルあまりの我が家に丹沢おろしが雪を運んでくるくらいですから、丹沢はもしかしてと思いながらコーヒーとトーストの朝食をとりました。

この日は二宮町に出かける用があり、9時半過ぎに車で家を出ました。途中で西の空を見ると案の定、山は雪模様です。

Dscn2720

急遽、弘法山への山道を登りました。表丹沢は雪景色です。

Dscn2721

雪の大山がひときわ優雅に横たわっています。お昼過ぎに秦野へ帰ってきたときには太陽に照らされてようすが変わっていました。朝の寒さと太陽のエネルギーを実感しました。

|

« 森林づくりフォーラム(2月13日・かながわトラストみどり財団)のパネリストに | トップページ | 丹沢ドン会・石川敏雄さん逝く »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弘法山の朝陽と丹沢山塊の雪景色:

« 森林づくりフォーラム(2月13日・かながわトラストみどり財団)のパネリストに | トップページ | 丹沢ドン会・石川敏雄さん逝く »