« ライブのはしごは「第8回ピカイア祭り」 | トップページ | 紙の本づくりを支える「アルファ」高橋さんの「かみわざ」 »

田代道彌著『西さがみの地名』できました

シリーズ「小田原ライブラリー」20冊目の『西さがみの地名―風に聞き大地に読む郷土の歴史―』(夢工房刊)ができました。先週末、早速、著者の田代道彌さんのご自宅へお届けに上がりました。

Scan10674

「地名」は、その土地の歴史を雄弁に物語ります。この本で取り上げた「穴部」・「鴨の宮」・「国府津」・「酒匂」・二の宮」・「矢作」など西さがみの地名は、それぞれに平安時代か、さらに古く奈良時代に関連がありそうです。地名はまさに「文字に書かれない郷土の歴史」。地名は、歴史の語り部の一人と言えそうです。

地名を考えることは楽しいものです。この本では西さがみの89の地名のいわれや謎をやさしく解き明かしています。郷土の歴史の大切な資料として地名を見直し、地名に遊ぶ楽しさを知ってもらうための1冊です。

Dscn3168

著者の田代道彌さんは、1934年小田原生まれの小田原育ち。1994年まで箱根の強羅公園の園長だった方です。小田原市・南足柄市・山北町・大井町などの市町史の自然および城郭部門の編さんに携わりました。現在は小田原の城と緑を考える会会長で、箱根を守る会理事でもあります。

田代さんは、自然や城郭、郷土史を地域と全国の比較研究の手法で追いつづけている夢追い人でもあります。

|

« ライブのはしごは「第8回ピカイア祭り」 | トップページ | 紙の本づくりを支える「アルファ」高橋さんの「かみわざ」 »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

編集者日録」カテゴリの記事

コメント

田代さんのこの本を愛読しておる者ですが、田代さんがこの本の題名か似た題目で5月26日にファーラムを開催されるとの噂を聞きました。そのフォーラムに参加したく開催場所・時刻等を御存知でしたらお教え下さい。

投稿: 中川宣雄 | 2018年5月 9日 (水) 10時06分

中川宣雄さま

ご連絡ありがとうございます。
田代道彌さんのフォーラムでの講演は、5月26日(土)14時~小田原商工会議所Aホールにて開催されます。
どうぞお出かけください。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

夢工房

投稿: yume | 2018年5月 9日 (水) 14時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521368/47514525

この記事へのトラックバック一覧です: 田代道彌著『西さがみの地名』できました:

« ライブのはしごは「第8回ピカイア祭り」 | トップページ | 紙の本づくりを支える「アルファ」高橋さんの「かみわざ」 »