« 紙の本づくりを支える「アルファ」高橋さんの「かみわざ」 | トップページ | 「本づくりを楽しむ!」伊勢治書店ブックフェアに取材2件 »

伊勢治書店でブックフェアと本づくり相談会

2月10日から17日まで、小田原伊勢治書店・銀座本店1階・3階で、神奈川の自費出版フェア「本づくりを楽しむ!」が開かれています。

主催は伊勢治書店、企画は「かながわ自費出版の会」、参加出版社は、夢工房はじめ、神奈川新聞社出版部、武田出版、ホンゴー出版、まつ出版、蒼天社、湘南社の県内の出版社7社。

伊勢治書店は、地域の文化発信の基地として貴重なスペースと時間を提供していただいています。石川店長は、「出版不況と言われている今だからこそ、地域の書店が創意工夫をして元気にならなければ」と、穏やかな表情に思いを秘めます。

Dscn3270

前日、タイミングよく今回のフェアにあわせて刊行することができた『西さがみの地名』(夢工房刊)を持ち込みました。

3階の「自費出版の展示場」では、まつ出版の松下さんと蒼天社の野谷さんが会場設営のまっ最中。

Dscn3273

Dscn3276

同時に開催される「1コマ漫画展覧会」のテーマは、今年の干支「寅」です。漫画家の辻下浩二さんの絵がすでに展示されていました。

Dscn3274

2月13日(土)、14日(日)は、似顔絵コーナー(1人1000円)も設けられ、講演会と自費出版セミナー、本づくり相談会が同時に開催されます。

13日は、午後1時30分から「1コマ漫画から始まった自費出版」(蒼天社・野谷真治さん)、2時40分から「西さがみの地名―風に聞き大地に読む郷土の歴史」と題して、田代道彌さんの講演があります。

14日は午後1時30分から「誰でも書ける文章講座」の講師をフリーライターの鈴木政子さんがつとめます。

期間中、1階のブックフェア・コーナーでは、300点の地域本・自費出版本が販売されます。

私は、11日11時~18時、14日14時~18時、会場に詰める予定です。「本づくりの何でも相談」に応じたいと思っています。

|

« 紙の本づくりを支える「アルファ」高橋さんの「かみわざ」 | トップページ | 「本づくりを楽しむ!」伊勢治書店ブックフェアに取材2件 »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢治書店でブックフェアと本づくり相談会:

« 紙の本づくりを支える「アルファ」高橋さんの「かみわざ」 | トップページ | 「本づくりを楽しむ!」伊勢治書店ブックフェアに取材2件 »