« 鎌倉円覚寺で交通事故撲滅コンサート | トップページ | 東田原ふれあい農園でジャガイモの植え付け »

春めく名古木の棚田へライターの北井弘さん

先週、突然1本の電話がありました。奈良県に住んでいる北井弘さんからです。

「ご無沙汰しています。明日、隣りの伊勢原市に取材に行きます。夕方あいていませんか?」

「ええっ、ちょっと待って・・・いいよ、夕方なら大丈夫」

ということで、取材が終わったら改めて連絡をくれることになりました。

翌日3時過ぎに私の携帯に連絡が入り、秦野駅南口のロータリーで待ち合わせ。私の車でNPO法人自然塾丹沢ドン会のフィールドである名古木の棚田に案内しました。

Dscn4173

冬季湛水中の棚田の水面に山の端が映っています。

Dscn4175

北井さんは私の若い友人のフリーライター。若いといっても9つ違いの50代。この日は全国的に見てもユニークな伊勢原市の子育て支援策について、自治体職員向け雑誌の取材です。

北井さんは、仕事の他にもゴミ問題・リサイクル関連のNPO活動に取り組んでいます。年度末までには委託事業の報告書を仕上げなければならず、「本当はこんなふうにのんびりしているいる場合ではないんですが・・・」と笑っています。

Dscn4178

Dscn4186

梅の花びらの向こうの木々の枝も赤みを帯びて、心なしか笑っているよう。「山笑う」というのはこのことですね。春は里から山にのぼるといいます。

Dscn4183

Dscn4192

田んぼでは、いま孵ったばかりのオタマジャクシが泳ぎ始めています。

Dscn4193

小川の土手にはフキの花が。

Dscn4181

前日の雨でかさが増した流れの水も春めいてきました。

Dscn4197

Dscn4203

オオイヌノフグリやタンポポの花が春の陽を浴びて眩しそうです。

Dscn4196

暖かな陽射しについついのんびりムード。

Dscn4204

1時間ほどで棚田を後にして、弘法山から秦野盆地を眺めました。

Dscn4206

富士山は雲に隠れ、秦野盆地は西の陽を浴びています。

車を自宅に置き、タクシーを呼んで秦野駅まで。居酒屋で久しぶりのお手合わせ。取材で全国各地をまわっている後輩の話は、一陣の春の旋風のように、ここちよい酔いを運んでくれました。

朋あり 遠方より来る また楽しからずや!

|

« 鎌倉円覚寺で交通事故撲滅コンサート | トップページ | 東田原ふれあい農園でジャガイモの植え付け »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春めく名古木の棚田へライターの北井弘さん:

« 鎌倉円覚寺で交通事故撲滅コンサート | トップページ | 東田原ふれあい農園でジャガイモの植え付け »