« 東田原ふれあい農園でジャガイモの植え付け | トップページ | 横浜バラクライングリッシュガーデン、グランドオープン! »

春近し、ふるさと長岡の「お戒檀」

ふるさとの母に会いに長岡に行ってきました。実家の兄が姉弟に声をかけ、「お戒檀」の行事に合わせての帰省です。

Dscn4282

田んぼの雪は融け、間もなく春田の作業が始まります。

実家は、脇野町の浄土真宗・浄福寺の檀家です。実家のある町内は世帯数約50戸のうち半数近くが同じ檀家。「お戒檀」とは、町内の中の同じ檀家の家々を年に1度、浄福寺のご住職がお経を上げて回り、最後にその年の当番の家に檀家中が集まり、ご住職の法話を聞き、その後に飲食をするというものです。

長らく続いていた本来の「お戒檀」のやり方も、社会の動きに合わせるように簡略化され、現在では、檀家の家々をご住職がお経をあげて回るというのはそのままですが、法話と寄り集まっての飲食はなくなり、最後に当番の家で、ご住職をもてなすということになっています。

この日は、母、姉兄弟とその連れ合い、姉の孫、親戚1人が集まり、「お戒檀」となりました。お経の後にささやかな宴を張りました。

Dscn4259

名物「のっぺ汁」です。新潟の酒「良寛」で喉を潤しました。

Dscn4284

1泊して翌朝は雨。家の周りを歩きました。冬囲いはまだそのまま。

Dscn4279

Dscn4293

フキノトウも顔を出し、ふるさとの春ももうすぐです。

|

« 東田原ふれあい農園でジャガイモの植え付け | トップページ | 横浜バラクライングリッシュガーデン、グランドオープン! »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春近し、ふるさと長岡の「お戒檀」:

« 東田原ふれあい農園でジャガイモの植え付け | トップページ | 横浜バラクライングリッシュガーデン、グランドオープン! »