« 相模湾の漁師・西山敏夫さんとコンブ | トップページ | スローライフ学会「さんか・さろん」筑紫哲也研究・早野透さん »

何十万分の一?の確率

土曜日の午後、小田急線の電車の中で突然声をかけられました。声の主は私の下の娘。

「あれえ・・・」

「おおっ・・・」

私は、自費出版編集者フォーラムの打ち合わせのために千代田線の湯島に向かうところ。電車の座席で少しウトウトしていました。

娘は、高校時代の部活の仲間に生まれた赤ちゃんを見に伊勢原に行き、その後、連れ合いの実家のある埼玉に向かうところで、私の斜め前に立っていました。

母娘は、ひんぱんにメールや電話で連絡を取り合っていますが、この日のお互いの予定は知りません。

「こんなことがあるんだ・・・」

「すごーい、お母さんに知らせよう!」

何十万分の一?の確率の娘との出会いでした。

2人は代々木上原で千代田線に乗り換え、私は湯島まで、娘は終点まで乗車。その間、久しぶりに娘のおしゃべりに付き合いました。

|

« 相模湾の漁師・西山敏夫さんとコンブ | トップページ | スローライフ学会「さんか・さろん」筑紫哲也研究・早野透さん »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。すばらしい偶然に拍手です。
私は 〇〇年前に 避暑地清里で 会社の営業部の上司と遭遇した経験があります。なんと渋滞中の対向車の中から営業部上司が オーバーアクションで 手を振ってるでは ありませんか。同じ日の同じ時間に…渋滞の清里とは……。運命の出会い??…とは 感じませんでしたが(笑)不思議体験をした一日でした。

投稿: 高橋(アルファ) | 2010年5月19日 (水) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何十万分の一?の確率:

« 相模湾の漁師・西山敏夫さんとコンブ | トップページ | スローライフ学会「さんか・さろん」筑紫哲也研究・早野透さん »