« スローライフ学会「さんか・さろん」筑紫哲也研究・早野透さん | トップページ | 名古木の棚田でNPO法人自然塾丹沢ドン会の田植え »

「秦野の鹿鳴館の再建」希望の年へ

明治期に建てられた「秦野の鹿鳴館―旧梅原家洋館の再建の会」第2回総会が5月15日(土)に秦野商工会議所イベントホールで開かれ、今年を「再建実現のための希望の年に!」と決意を新たにしました。

Dscn7449

再建の会の紫藤邦子会長は、副会長の秦野市商工会議所会頭・岸司朗さん、同じく副会長の秦野市観光協会長・松下雅雄さん、幹事の女性陣を紹介。

大山参詣道に当たる秦野市蓑毛地区に洋館を再建し、地域の歴史・文化を生かした活性化のランドマークとして活用し、蓑毛から秦野の他の地域への回遊のルートを開こうとメッセージを発信しました。

Dscn7452

Dscn7454

蓑毛地区自治会連合会長の猪股義晴さんは、すでに洋館誘致委員会を発足させ、地域活性化に向けて地域を上げて積極的に取り組むことを表明されました。

Dscn7458

総会の後に開催された「再建意見交換会」の冒頭には、古谷義幸秦野市長もお見えになりました。第61回全国植樹祭を1週間後に控え、多忙なスケジュールの間をぬって参加いただき、洋館再建に向け力づよいメッセージをいただきました。

Dscn7462

本年4月に発足した東海大学観光学部長の松本教授は、蓑毛地区の歴史・文化の観光資源としての有用性、東地区から秦野の元気を創り出し、情報発信するためには、地域と市民、行政の連携が不可欠、大学もさまざまなサポートができると話されました。

Dscn7468

交流会では蓑毛地区の女性陣による踊りが披露され、みのげ食文化の会の地元野菜を使ったスイトンが供されました。

Dscn7476

Dscn7477

Dscn7480

手づくりスイトンは美味しく、お代わりも続出、あっという間になくなりました。

Dscn7488

タウンニュース秦野支局長の曽我さんも取材にこられ、ごあいさつをいただきました。

Dscn7496

洋館再建を実現するためには、80人近いこの日の参加者を核にして、再建に向けた寄付金集め、市民への情報発信、行政との協力関係の構築などなど、さまざまな課題をクリアしていかなければなりません。

総会を終えて事務局のメンバーで今後の活動について打合せをし、思いを新たに2年目のスタートです。

|

« スローライフ学会「さんか・さろん」筑紫哲也研究・早野透さん | トップページ | 名古木の棚田でNPO法人自然塾丹沢ドン会の田植え »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

市民トラスト・旧梅原家洋館再建」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「秦野の鹿鳴館の再建」希望の年へ:

« スローライフ学会「さんか・さろん」筑紫哲也研究・早野透さん | トップページ | 名古木の棚田でNPO法人自然塾丹沢ドン会の田植え »