« 梅雨入り間近? 我が家の庭 | トップページ | 梶谷泉さん「影絵夢幻語り」を雨岳文庫で上演 »

相鉄線で岡進さんとばったり!

すぐ近くに住んでいる人に、秦野以外のところでばったり出会いました。

小田急線の海老名駅で相鉄線に乗り換え、座席で雑誌を読んでいると出発間際に声がかかりました。

「片桐さん」

「おおっ、どうも、ご無沙汰・・・」

隣に座り込んできた人を見れば、岡進さんでした。

岡さんは、NPO法人自然塾丹沢ドン会の元理事長、丹沢ドン会の発足時のメンバーです。長らく引き止められていた仕事もようやく離れ、現在は、長野県伊那市と秦野の2地域居住を実践、「限界集落」での地域の元気づくりに取り組んでいます。

この前お会いしたのは、ドン会の公開学習会「相模湾、里地・里山と丹沢をむすぶ」で、岡さんに「里地・里山のしくみと暮らし」を話してもらった4月29日以来のことです。

2か月半のご無沙汰は簡単に越えて共通の友人や新聞記者の近況、ドン会の活動などに話は及び、30分少しで横浜に到着。

「それじゃ、また」

「どうも・・・」

岡さんは横浜国大で開催されるシンポジウムに向かい、私は県立歴史博物館で開催のNPO法人神奈川県自然保護協会の総会に参加しました。

Dscn8543

Dscn8545

Dscn8547

総会では、横浜国立大学の鈴木邦雄学長の記念講演「生物多様性が支える社会―生き物に学ぶー」を聞いたのも不思議でした。

|

« 梅雨入り間近? 我が家の庭 | トップページ | 梶谷泉さん「影絵夢幻語り」を雨岳文庫で上演 »

市民・NPO活動」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相鉄線で岡進さんとばったり!:

« 梅雨入り間近? 我が家の庭 | トップページ | 梶谷泉さん「影絵夢幻語り」を雨岳文庫で上演 »