« 軽井沢レイクガーデンでバラの貴公子・大野耕生さんに会う | トップページ | 梅雨空の下、我が家の花たち »

「第54回東大社式年銚子大神幸祭」が家の光・姉妹誌『地上』7月号に

北鎌倉の野口稔さんから、第54回東大社式年銚子大神幸祭のエッセンスをまとめた雑誌の掲載記事がメールで送られてきました。

Imgp5727

Imgp5730

月刊誌『家の光』の姉妹紙である『地上』7月号に見開き4ページにまとめられた「神幸祭」の写真と記事のタイトルは「里の民と海の民が紡ぐ九〇〇年の伝説」。

4月10日~12日に行われた20年に一度の「第54回東大社式年銚子大神幸祭」は、サブタイトル「総(ふさの)国の原風景」として、2回の著者校正を終えたところです。

A5判162ページ〈カラー63ページを含む〉、カラー写真140点、モノクロ写真44点を掲載、著者は野口稔、写真は野口玲・島村国治。予定価格2000円、8月刊行を目指して、いま本づくりの最終ラウンドに入ったところです。

|

« 軽井沢レイクガーデンでバラの貴公子・大野耕生さんに会う | トップページ | 梅雨空の下、我が家の花たち »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「第54回東大社式年銚子大神幸祭」が家の光・姉妹誌『地上』7月号に:

« 軽井沢レイクガーデンでバラの貴公子・大野耕生さんに会う | トップページ | 梅雨空の下、我が家の花たち »