« 千客万来、夢工房へ平塚養護学校の生徒が会社見学に | トップページ | 伊勢治書店で「本づくりを楽しむ」BFと講演会開催 »

東海大学付属本田記念幼稚園発表会を見に

2月20日(日)、東海大学湘南校舎で開催された本田記念幼稚園の2010年度発表会に丹沢ドン会を代表して招かれました。

1人の子どもは6つのポケットを持っていると言われます。子どもの父と母、父方の祖父母、母方の祖父母、あわせて6人が、1人の子どものすぐ近くで暮らしています。200名近い本田幼稚園の園児の周りにはたくさんの大人たちが、子どもの健やかな成長を願っています。

この日の本田幼稚園の園児たちの発表会。2000名収容の会場にはビデオやカメラをか抱えた大勢の人びとが陣取りました。

Dscn8656

高橋功園長は、開会のあいさつの中でこう話されました。

「今日は園児たちの成長をレンズを通さず、なまの目でしっかりと見てください」

Dscn8602

園児たちの元気いっぱいの開会宣言です。

年中、年少、年長さんの劇がつづきました。絵本を題材にしたさまざまな動物たちが登場。恥ずかしそうに声を出す園児たち、声を張り上げて一生懸命に演じる園児たち。

年長さんの創作劇「ほしのせかい」では、格段に成長した園児たちの動作とせりふが舞台を盛り上げていました。

Dscn8639

Dscn8643

休憩を挟んで後半は、年少さん、年中さんの歌と、年長さんの宣言劇「ゆめにむかって」です。

Dscn8674

一人ひとりが、将来なりたい夢を語りました。

医者になりたい、警察官になりたい、消防士になりたい、ケーキやさんになりたい、ネールアーティストになりたい、研究者になりたい、花屋さんになりたい、洋服屋さんになりたい、宇宙飛行士になりたい・・・園児たちの夢は宇宙にまで広がります。

Dscn8678

最後は全員で合唱です。

年長さんの代表が、終わりの言葉を話しました。伸び伸びと成長した年長さん。もうすぐ小学校です。きらきらとした目の輝きがいつまでも消えないようにと願いました。

 

|

« 千客万来、夢工房へ平塚養護学校の生徒が会社見学に | トップページ | 伊勢治書店で「本づくりを楽しむ」BFと講演会開催 »

育児」カテゴリの記事

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海大学付属本田記念幼稚園発表会を見に:

« 千客万来、夢工房へ平塚養護学校の生徒が会社見学に | トップページ | 伊勢治書店で「本づくりを楽しむ」BFと講演会開催 »