« 日本人の真価が問われている大震災 | トップページ | 秦野市環境基本計画改訂検討委員会(第7回)開催 »

丹沢ドン会では大震災の災害見舞金の募金活動を始めます

今回の東日本大震災の被災地から遠く隔たっている私たちに、今できることは限られています。

食糧やガソリンなど、不要不急なものを買いに走らず、今こそ買え控えをする。計画停電に協力する。これらのことは、被災地の人びとへの想像力を働かせれば何でもないことでしょう。

NPO法人自然塾丹沢ドン会では、会のホームページを通じて「東日本大震災」の災害見舞金の募金活動を始めました。

ドン会のホームページに掲げられたメッセージです。

「いま、被災地のみなさんは、自然の猛威と、科学技術の粋を集めた果ての原発事故の前で不安を抱えています。そこで、「もう少しがんばって!」という想いを込めて、被災地のみなさんへ、限られたドン会の資金の中から10万円の義援金を届けたいと思います。

それに加えて、ドン会会員、丹沢自然塾の塾生のみなさん、ドン会のホームページをご覧いただいているみなさんに、あたたかい「東日本大震災」の災害見舞金の拠出をお願いいたします。あくまで、それぞれの想いを込めてご判断いただくことです。どうぞよろしくお願いいたします」http://www.donkai.com/

一人ひとりが今の暮らしの中でできることに取り組みたいと思います。被災地のみなさんに私たちの想いを伝え、困難な避難所の暮らしを乗り切っていただきたいと思います。

「もう少しがんばって!」

|

« 日本人の真価が問われている大震災 | トップページ | 秦野市環境基本計画改訂検討委員会(第7回)開催 »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢ドン会では大震災の災害見舞金の募金活動を始めます:

« 日本人の真価が問われている大震災 | トップページ | 秦野市環境基本計画改訂検討委員会(第7回)開催 »