« 緑のカーテン、キュウリの初収穫! | トップページ | ゲリラ豪雨の後、東の空にダブルの虹が・・・ »

首都懇20周年記念フォーラム、当日のうれしい悲鳴

6月25日(土)は、携帯電話の着信履歴が普通ではありませんでした。この日に開催する首都圏出版人懇談会20周年記念フォーラムの記念講演・シンポジウムの問い合わせでした。

朝9時前に家を出て小田急線に乗り、神田の明治大学紫紺館に向かった私は、着信があってもすぐには携帯に出ることができません。乗り継ぎの駅で電車待ちの間に掛けたり、神保町駅に着いて歩きながら対応しました。

この日のフォーラムにおける佐野眞一さんの講演「震災・地域―出版のいまと未来」とシンポジウム「地方出版に未来はあるか?」に、「当日参加はできるのでしょうか」というのが大半。中には「参加申し込みをしていたけれども、どうしてもはずせない用ができて申し訳ありません」という人も。

Dscn2855

11時に明治大学紫紺館に集合した設営準備のメンバーは20名ほど。紫紺館の担当者がすでに1Fの案内板を掲出し、3F会場の横看板を吊るし、椅子を並べ終えてくれていました。

しかし、会場の案内表示、受付、マイク・テスト、録音装置の点検など、こまごました準備がありました。おにぎりとペットボトルのお茶で軽い昼食をとり、12時から首都圏出版人懇談会の2011年度の総会を開きました。

せき立てられるようにして、1時15分から記念フォーラムの受付を開始。夢工房で作成したデータを元に、けやき出版の酒井杏子さんが参加者名簿を作成してくれています。手の空いているメンバーが助っ人で受付に加わります。

Dscn2879

これまで、朝日新聞、東京新聞、毎日新聞、下野新聞、地方・小出版流通センターの『アクセス』などに告知の記事が掲載されました。そのほかにも明治大学中央図書館の企画展示会場やブックフェアを開催中の三省堂本店におけるポスター掲出やチラシの配布、明治大学のHPなどで情報発信につとめていました。

私自身もこのブログ上に何回かフォーラムの案内を書きました。しかし、開けてみないと分からないのがイベントの入場者。

そんな心配をよそに1時半過ぎからは続々と参加者が会場に入り始めました。文化通信の星野渉さん、出版ニュース社の清田義昭さん、鳥取・今井書店の永井伸和さん、吉備人出版の山川隆之さんなどの旧知の出版関係者たちと挨拶を交わしました。

友人たちも駆けつけてくれました。元共同通信記者でジャーナリストの野口稔さん、神奈川新聞の小野明男さん、元雑誌編集長の池田豊彦さん、長岡高校の同期・米百一俵の会の玉浦廣明さんと井利康一さん、中学校同期の星野範一さんも・・・。

神奈川からは小田原・伊勢治書店の筒井正博社長、川崎・北野書店の北野嘉信さん、アルファ印刷の大島謙二さんなどに参加していただき、仕事仲間や友人たちに支えられて、夢工房はこれまでやって来れた、との感を深くしました。

Dscn2891

会場のあちらこちらで名刺交換する初対面の人も多数いました。記念フォーラムを通して交流の輪が広がりました。140近い椅子席はほぼ満席。首都懇メンバーは立ち見状態のうれしい悲鳴となりました。

会場入口の一隅では、佐野眞一さんの最新の著作『津波と原発』(講談社刊)の販売のために担当編集者の石井克尚さんがテーブルを構え、準備万端。

Dscn2882

かくして記念フォーラムの開会となりました。その概要については、すでにアップしたとおりです。

|

« 緑のカーテン、キュウリの初収穫! | トップページ | ゲリラ豪雨の後、東の空にダブルの虹が・・・ »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首都懇20周年記念フォーラム、当日のうれしい悲鳴:

« 緑のカーテン、キュウリの初収穫! | トップページ | ゲリラ豪雨の後、東の空にダブルの虹が・・・ »