« 朝日新聞「読書」欄に首都圏出版人懇談会20周年記念フォーラムの記事 | トップページ | 東京新聞「話題の発掘」欄に「首都懇」20周年フォーラムの記事 »

NST(新潟8chテレビ)の取材に母の「どっこい!」の声

ふるさと長岡の兄から先週金曜日に電話が入りました。『ありがとう! 美代子さんの笑顔と「すっとこどっこい!」』を読んだNST(新潟8chテレビ)の記者が、報道番組のコーナーで取り上げたいとのこと。

Scan10781

昨年9月に発行したこの本を、私は長岡市役所内の記者クラブにお届けしていました。NSTの報道部・玉木正晴記者は、手にした時から気になっていて、どの場面で取材しようか思案していたと言います。

先週2回、ふるさとの母と兄はすでに取材を受けています。13日の月曜日、昼過ぎに私は実家に行きました。

玄関を入ると玉木記者のカメラが回っていました。

「きたよ!」

母は顔をこちらに向けながら表情を少し緩めたように思いました。

「おめぇさん、おれらよ。わかる?」

思い出してくれたようです。

Dscn2540

私は、この本をプレゼントしたNPOの仲間から託されたランの花を母に持って行きました。

Dscn2533

兄は、この日も定番の「醤油おこわ」を作ってくれました。遅い昼食をみんなでいただきます。

Dscn2536

醤油おこわ以外は、兄の連れ合いの、畑でとれた野菜尽くしの料理です。食事の最中もカメラは回っていました。母の隣に座って私は食事の介助をしました。醤油おこわを口に運ぶと美味しそうに食べます。

母は自分で箸を持とうとするのですが、うまくいきません。

幼いころ、箸の持ち方を教えてくれたのは母でした。おかげで普通に箸を使うことができています。

テレビの料理番組で、とんでもない箸の持ち方をしたタレントさんが食事をしているのを見るにつけ、「ずくなし」の箸の持ち方でなくてよかったと母に感謝。

話しかけながら醤油おこわを食べていると母が思わず声を出しました。

「どっこい!」

まだまだ大丈夫! 体は不自由ですが、母は元気!

Dscn2543

こんな笑顔が出るのはめったにないと兄は言います。

なかなかふるさとには行かれないのですが、20何年ぶりの8月2日の長岡の花火の際に母に会いに行きたいと思います。

この日のようすは、NST(新潟8chテレビ)の6月17日(金)夕方6時15分からの報道コーナーで放映される予定です。残念ながら秦野では見ることができません。

|

« 朝日新聞「読書」欄に首都圏出版人懇談会20周年記念フォーラムの記事 | トップページ | 東京新聞「話題の発掘」欄に「首都懇」20周年フォーラムの記事 »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NST(新潟8chテレビ)の取材に母の「どっこい!」の声:

« 朝日新聞「読書」欄に首都圏出版人懇談会20周年記念フォーラムの記事 | トップページ | 東京新聞「話題の発掘」欄に「首都懇」20周年フォーラムの記事 »