« 『元気に百歳』第12号の発行に向け編集作業が佳境に | トップページ | 神奈川の近代建築50選・五十嵐幸吉商店の倉庫の利活用へ »

はまぎん情報誌「マイウェイ」№79(6月号)に池田小百合さんの童謡・唱歌物語

横浜銀行秦野支店には月に何回か行きますが、駐車券のスタンプコーナーに冊子が置かれていて、興味ある特集のときは手にしていました。

この冊子は、財団法人はまぎん産業文化振興財団が年4回発行している情報誌「マイウェイ」。6月発行の№79に、池田小百合さんが登場しています。特集は「かながわ童謡・唱歌物語―歌の歴史再発見―」 、池田さんが監修し、文をお書きになり、写真は桜井ただひささんです。

Dscn4108

Dscn4112

表紙・本文24ページのうち16ページにわたり、特集が組まれています。

神奈川が生んだ代表的な童謡・唱歌「赤い靴」「青い眼の人形」「かもめの水兵さん」「浜辺の歌」「めだかの学校」「お猿のかごや」「キンタロー」「箱根八里」「夕焼小焼け」など16曲の、一つひとつの歴史とドラマを紹介しています。

池田さんは、これまでに夢工房から5冊の本をお出しになっています。その中の1つ『読む、歌う 童謡・唱歌の歌詞』は版を重ね、<改訂版>8版が出ています。

池田さんは、これまでの通説にとらわれない柔らかな発想で、丹念に史料に当たり、童謡・唱歌の生まれた背景や歴史を掘り起こしています。また、多数の童謡・唱歌を歌う会で歌唱の指導をされています。

『読む、歌う 童謡・唱歌の歌詞』(改訂版)のあとがきで、池田さんは言っています。

「歌は心をワクワク楽しくしてくれます。歌のある豊かな暮らしに、この一冊を愛用していただけますよう願っています」

それぞれの故郷には、歌い継がれている童謡・唱歌がきっとあるはずです。

|

« 『元気に百歳』第12号の発行に向け編集作業が佳境に | トップページ | 神奈川の近代建築50選・五十嵐幸吉商店の倉庫の利活用へ »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はまぎん情報誌「マイウェイ」№79(6月号)に池田小百合さんの童謡・唱歌物語:

« 『元気に百歳』第12号の発行に向け編集作業が佳境に | トップページ | 神奈川の近代建築50選・五十嵐幸吉商店の倉庫の利活用へ »