« ヒヨドリの物悲しげな鳴き声の意味は? | トップページ | 雨上がりの庭にジジュウカラとメジロ »

小田原で見つけた壁面アート・グリーンウォール

小田原のアルファさんに新しい原稿と『元気に百歳』№12のカバーのデータを届けに行った足で、児童文学作家の増田昭一さんのご自宅に伺いました。

増田さんは、新宿住友ビル48階にある「平和記念展示資料館」で7月16日から8月27日にかけて開催中の夏の特別イベント「戦争体験の記憶を次の世代へ」のなかで「絵本の読み語りとお話し会」に7月30日に出演されます。その際の資料をお届けしました。

増田さんのご自宅は、小田原駅から歩いて3~4分のところにあります。その近くのビルに涼しげなグリーンウォールを見つけました。

Dscn4438

省エネ、節電、グリーンカーテン、路地の水打ち、扇風機、団扇、風鈴など・・・、この夏の暑さ対策は人さまざまで、企業も操業・休日のシフト替えなど、さまざまな工夫をこらして協力しています。

みんなでやれば効果ありで、この夏の電力供給量は余裕が出ているとも言われています。熱中症にならないためにも無理な節電は不要というマイナスキャンペーン(?)も。

このビルの壁面の植栽は、どのような仕掛けになっているのか分かりませんが、見る者に清涼感を伝えてくれます。

できることを無理なく続ける。人も企業も、何より政治家や行政・国も、今までのやり方、暮らし方を良しとしないで、少しずつ変わらなくっちゃ!

|

« ヒヨドリの物悲しげな鳴き声の意味は? | トップページ | 雨上がりの庭にジジュウカラとメジロ »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田原で見つけた壁面アート・グリーンウォール:

« ヒヨドリの物悲しげな鳴き声の意味は? | トップページ | 雨上がりの庭にジジュウカラとメジロ »