« ゲリラ豪雨の後、東の空にダブルの虹が・・・ | トップページ | 東海大学「キャリア・ゼミ」の学生4人が夢工房へ »

ジャガイモの収穫、茹でジャガはホクホクして甘くて美味い!

東田原ふれあい農園で借りている畑に、1か月半ほどご無沙汰していました。ジャガイモの収穫時期はとうに過ぎているのですが、なかなか足を向けることができませんでした。梅雨空のどんよりとした雲が広がる夕方、連れ合いの一声に促されて一緒にジャガイモ掘りに出かけました。

3月下旬、7キロの種芋を植え付けてから3か月あまり、ジャガイモの茎や葉っぱはすっかり枯れ、わずかにその痕跡を残しています。ジャガイモを傷つけないようにスコップを遠巻きに入れて土を掘り起こし、ほぐれた土を手で探ります。思いのほか大きくて大量のジャガイモが育っていました。

私の出番は、畑の土を耕すときと収穫するときだけ。それでも無農薬の野菜作りの醍醐味の一端は味わうことができます。45×60センチほどのポット苗を入れるケースに9つも収穫しました。1ケースおよそ7~8kgとして約70kgのジャガイモが取れ、種芋の10倍ほどの再生産です。

注意深く作業はするのですが、ついついスコップの先が触れて傷ついたり、ばっさり半分に切ってしまったジャガイモを集めました。さっそく夕食に「傷物」ジャガイモを茹でました。

竹串をさして茹で加減を見ます。ホクホクして甘くて美味い!

Dscn3550

Dscn3541

もちろん何にも付けずにそのまま食べるのが最高。連れ合いが煮込んで作った杏ジャムを試しに付けて食べてみると、これまた甘酸っぱさがまし、さわやかな食感が口の中に漂います。 

Dscn3551

取れたてのキュウリも食卓にのせました。私はマヨネーズと味噌を付けますが、連れ合いは何も付けずに素材の味をそのまま味わいます。

Dscn3553

ジャガイモの収穫のお祝いに信州桔梗ケ原の「五一ワイン」セレクションロゼをいただきました。

20年近く耕しつづけて、安全・安心な美味しい野菜作りは土が命だと実感します。大地がもたらしてくれる実りに感謝!

|

« ゲリラ豪雨の後、東の空にダブルの虹が・・・ | トップページ | 東海大学「キャリア・ゼミ」の学生4人が夢工房へ »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャガイモの収穫、茹でジャガはホクホクして甘くて美味い!:

« ゲリラ豪雨の後、東の空にダブルの虹が・・・ | トップページ | 東海大学「キャリア・ゼミ」の学生4人が夢工房へ »