« 朝焼けに映える雲と柿の落ち葉、山桜の花咲く | トップページ | 弘法山にのぼる朝陽に元気をもらう »

神保町ブックフェスティバル「本の得々市」は10月29日、30日に開催

読書の秋、第21回神保町ブックフェスティバル「本の得々市」が、今年も10月29日(土)、30日(日)の2日間、開催されます。夢工房が事務局の首都圏出版人懇談会も、いつものようにワゴン2つで、すずらん通りの会場に出店します。

「本の得々市」は、「ちょっと汚れておりますが! 汚損本・自由価格本ets.掘り出し物がいっぱい! この機会をお見逃しなく!」とイベント案内のリーフレットのキャッチコピーにあります。

第21回のブックブックフェスティバル。3月11日以降の東北地方の大地震・大津波・福島第一原子力発電所の事故を受けて、「本の街から、がんばろう日本!」と、神田神保町から本のメッセージを発信します。

会場は、在庫点数300万点、在庫冊数1000万冊、売り場面積5000坪と、まさに「世界一の本の街」ならではのボリューム。

神奈川・東京・埼玉・群馬・栃木・茨城・千葉・福島の1都7県の18社からなる首都圏出版人懇談会も3~4000冊ほどの、こだわりの地域の歴史・人文書、ガイドブック、写真集などの売れ筋の本を販売します。

ちなみに私は、30日(日)にワゴンの売り子を務めます。お目当ての地域本をお得に手にすることのできる絶好の機会、本の街・神田神保町にお出かけください。

|

« 朝焼けに映える雲と柿の落ち葉、山桜の花咲く | トップページ | 弘法山にのぼる朝陽に元気をもらう »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

編集者日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521368/53079880

この記事へのトラックバック一覧です: 神保町ブックフェスティバル「本の得々市」は10月29日、30日に開催:

« 朝焼けに映える雲と柿の落ち葉、山桜の花咲く | トップページ | 弘法山にのぼる朝陽に元気をもらう »