« 相模湾の漁師・西山敏夫さんの「海語り」脱稿 | トップページ | ふるさとの秋、母を見舞う »

マップづくりで本町四ツ角周辺を見て歩き

「秦野わいわいMAP 本町四ツ角周辺商店街」のマップづくり。秦野市まちづくり課から声が掛かり、お手伝いすることになりました。

10月12日(水)10時、秦野市本町の「さかえちょう公園」に集まったのは、秦野市まちづくり課の山口課長、藤間さん、綾部さん、東海大学工学部建築学科の杉本洋文教授と大学院生2名と学生1名、市民が創る秦野のまちからは小川さんと私。

神奈川新聞の記者が、さっそく杉本教授にマップづくりのねらいについて取材。商店街の見て歩きを同行取材。途中で入れ替わるようにタウンニュースの女性記者が取材に加わりました。

本町四ツ角周辺は、これまで何回も「市民が創る秦野のまち」で見て歩きの会を実施しています。さらに、「わいわいはだの市場」の開催に際しても詳細な商店街のマップを私はこれまでに何回も作成してきました。

新たなマップづくりのねらいはどこにあるのか、秦野市の担当者に話を聞きながらのまち歩きとなりました。

Dscn7138

Dscn7143

院生たちがつくったマップ(素案)を手に、まち歩きのスタートです。

Dscn7145

路地を入るとツタにおおわれた洋風住宅があります。

Dscn7153

Dscn7155

昭和初期に建てられた洋風建築の商家の建物。この通りには、さまざまな商売を営んでいた建物が点在しています。

杉本教授は、「今に残る商店街の生業、人びとの暮らしの息吹、近代建築の姿をしっかりと見て、マップづくりに活かしたい」と話されました。

Dscn7165

Dscn7173 

細い路地を歩くと地域の宝物のようなたたずまいがあります。

Dscn7189

Dscn7187

片倉商店(米穀)の建物は、「昭和13~4年に建てられたまま」と、ご主人は話されました。ところどころでお店に入り、聞き取りを行いました。

Dscn7198

Dscn7203

本町四ツ角周辺には、50数棟の蔵が点在しています。家財や米穀の収納用として、また、通りに面した商店の裏にあって、商業用の生活雑貨、米穀、肥料、落花生、塩などの蔵として使われていました。

Dscn7208

秦野と二宮を結んだ軽便鉄道の台町駅跡を示すプレートです。

Dscn7213

近くには、秦野の地酒やワイン、全国のさまざまな銘柄を取り揃えた小野酒店があります。ご主人の中村さんは、「わいわいはだの市場」の会議で何回もお会いしています。贈答用の包装の手を休めてお話をされました。

Dscn7217

第1回貴族院議員である梅原修平の養子、梅原良家のたたずまいです。

Dscn7222

立花屋茶舗の若主人。「あきんど育成塾」を立ち上げ、これからの地域ぐるみのまちづくりに夢を描いています。

Dscn7232

2時間半のまち歩き。杉本先生は別の会議に参加されるためにここまで。

私たちはさらにまち歩きをつづけ、出発地の「さかえちょう公園」まで。公園のベンチでこの日のまち歩きの反省と、マップづくりについて話し合いました。

「わいわいはだの市場」の商店街の見て歩きは10月22日(土)。できたてのマップを手に手に商店街を大勢の参加者が歩いて欲しいものです。

せっかくのマップ。地域の魅力再発見のために大いに活用され、地域を誇りに思う人びとが増え、大勢の人がまちを行き交い、語らい、生きいきと暮らす地域の姿を思い描く素材になることを願っています。

|

« 相模湾の漁師・西山敏夫さんの「海語り」脱稿 | トップページ | ふるさとの秋、母を見舞う »

見て歩き・まちづくり」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マップづくりで本町四ツ角周辺を見て歩き:

« 相模湾の漁師・西山敏夫さんの「海語り」脱稿 | トップページ | ふるさとの秋、母を見舞う »