« 2012年「丹沢自然塾」開講 | トップページ | 小田原市編著「市民の力・地域の力」発刊 »

小田原伊勢治書店で「神奈川の自費出版フェア」開催中

4月11日(水)から、小田原駅から徒歩7分のところにある伊勢治書店・銀座店においてブックフェア(企画「かながわ自費出版の会」)が開かれています(~4月18日(水)まで)。神奈川新聞社出版部・湘南社・蒼天社・まつ出版・夢工房の本が350点ほどが展示・販売(一部展示のみ)されています。

Dscn3984

伊勢治書店1階、販売コーナー。

Dscn3924

3階、展示会場。

Dscn3980

懐かしい風景が描かれている、夢工房発行の「画文集」を手にする来場者。

Dscn3963

Dscn3962

「学生たちの太平洋戦争―国に捧げた青春の記録―」の編著者・熊谷眞さんもご家族で会場にお見えになりました。

Dscn3938

神奈川新聞社県西総局の加藤聡局長が来場されました。伊勢治書店の筒井社長への取材の模様は本日(13日)付の神奈川新聞に掲載されました。

Dscn3940

会場の一角には漫画家による作品の展示もあります。

Dscn3933

和田圭以さんの「被災地にひっそりと咲くスミレの花」に、涙されたご婦人もいらっしゃいました。

4月15日(日)午後2時からは、「かながわ自費出版の会」10周年記念の特別座談会「地域書店と本・読者のこれから」が開かれます。

元八小堂書店の小泉政治さん、伊勢治書店の筒井さん、文化通信取締役編集長の星野渉さんなどの「本と書店と読者」にまつわる興味深い話が聞けるものと楽しみです。司会進行を私がつとめます。

座談会の後、午後4時からは会費3000円の記念パーティーです。ミニコンサートでは、ヴィオラの演奏もあります。

どうぞお出かけください。

|

« 2012年「丹沢自然塾」開講 | トップページ | 小田原市編著「市民の力・地域の力」発刊 »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田原伊勢治書店で「神奈川の自費出版フェア」開催中:

« 2012年「丹沢自然塾」開講 | トップページ | 小田原市編著「市民の力・地域の力」発刊 »