« 東田原ふれあい農園のジャガイモ | トップページ | 金環日食の朝 »

「丹沢自然塾」名古木の棚田で畦ぬり作業

5月12日(土)は朝から雲の間から青空が少し顔を見せました。名古木の復元棚田で、NPO法人自然塾丹沢ドン会の「丹沢自然塾・番外編」棚田の畦塗り教室がひらかれました。

Dscn5188

周囲の里山の緑が目に映えます。

Dscn5168

畦塗りの作業の前に、田んぼ担当の木下尊惇さんの案内で田んぼツアー。小川から水を引き、ため池を通り用水路を通って第1の田んぼに水を引いています。

これまでに復元した田んぼは24枚。棚田の上から順番に下の田んぼへと水は流れます。

Dscn5182

Dscn5204

1枚1枚の田んぼには、ぬかるむ所、水はけのよい所など、それぞれの特徴があります。

Dscn5227

田んぼツアーを終えて、木下さんの畦塗りの模範演技。

Dscn5247

いよいよ思いい思いの田んぼで畦塗り作業の開始です。

Dscn5258

Dscn5329

Dscn5334

Dscn5346

Dscn5347 

Dscn5356

Dscn5372

棚田では指示待ち人間はいません。自分の持ち場が終わると声を掛け合って次の田んぼへ移ります。

Dscn5326

子どもたちは泥んこになってカエルやトンボ、クモ、サワガニなどを追いかけています。

Dscn5355

お母さんに甘えて離れないお子さんも。

Dscn5337

きれいな曲線を描いて畦塗りができました。水漏れを防ぐためにやる畦塗りですが、サワガニは穴を掘って田んぼに生息しています。生き物たちとの知恵比べです。

大勢の参加者の力で午前中で自然塾の作業は終えました。

Dscn5404

Dscn5402

女性陣手づくりの温かいみそ汁は大好評。

Dscn5417

Dscn5419

Dscn5409

Dscn5418 

美味しい昼食をいただきました。

Dscn5414

この日、ドン会のフィールドには、東京農業大学の学生2人が自然調査にやってきました。クモとトンボをテーマにした学生が、一緒に昼食の仲間入り。同じ輪に入った2人のドン会メンバーの頬はゆるみっぱなし。しっかり世代間の交流も果たせました。

Dscn5212

田んぼの一角にしつらえた水苗代では、苗が順調に育っています。

1週間後の5月19日(土)には代掻き作業、そして2週間後の26日(土)には、いよいよ田植えです。いい汗かきに名古木の棚田へいらっしゃいませんか?

|

« 東田原ふれあい農園のジャガイモ | トップページ | 金環日食の朝 »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「丹沢自然塾」名古木の棚田で畦ぬり作業:

« 東田原ふれあい農園のジャガイモ | トップページ | 金環日食の朝 »