« NPO法人雨岳文庫を活用する会の山口匡一さん | トップページ | 西山敏夫さんの釜揚げシラス »

梅雨の晴れ間に庭の剪定と収穫

梅雨入りした関東地方。でも、最初の日曜日は朝から晴れ間がのぞいています。朝8時半から自治会の雨水マスの一斉清掃がありました。

外作業のついでに、梅もぎと、梅の木の剪定作業をやりました。さらに、のび放題の生垣の剪定までやり、片づけを終え、シャワーを浴び、昼食にありついたのは2時半過ぎになってしまいました。

Dscn6702

Dscn6700_2

本日の収穫、梅は1.2kg、連れ合いが剪定したサンショウの実は200g。 梅は梅ジュースに、サンンショウの実は佃煮になる予定です。

Dscn6685

ヒヨドリが高いところのビワの実をついばんでいます。黄色く色づき始めたビワの実を1つ試しに食べてみました。まだ甘くありません。食べごろになるのには1週間ほどかかりそうです。

Dscn6668_2

2階のベランダから剪定後の庭を眺めました。ちょっぴり労働の後の達成感を感じながら・・・。

Dscn6669

Dscn6673

Dscn6676

アジサイの花が咲き、グリーンカーテンのキュウリが実を付けています。

Dscn6683

Dscn6686

ミカンの実も。

我が家の小さな庭の風通しがよくなり、つかの間の太陽の光を浴びています。

|

« NPO法人雨岳文庫を活用する会の山口匡一さん | トップページ | 西山敏夫さんの釜揚げシラス »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の晴れ間に庭の剪定と収穫:

« NPO法人雨岳文庫を活用する会の山口匡一さん | トップページ | 西山敏夫さんの釜揚げシラス »