« 母さんが死んだ | トップページ | 秦野市「里山ボランティア養成研修」で丹沢ドン会の活動報告 »

神奈川新聞「紙面拝見」欄に「命を紡ぐ新聞に希望」の記事掲載

7月29日(日)の神奈川新聞「紙面拝見」欄に「命を紡ぐ新聞に希望」という私の原稿が掲載されました。

Scan11196

この原稿をあらかた書き終え、これから推敲をかけようとしていた時に、ふるさとの兄から「母さんが死んだ・・・」の電話があったのでした。7月23日夕方のことです。

原稿締め切りはまだ先なのですが、翌朝、神奈川新聞社に入稿しました。担当の記者には、「後はお任せします」と電話を入れておきました。

私は文中に、「いじめは大人社会の鏡」と書きました。

亡くなった母の法名は「釈尼美鏡」でした。

偶然とは言え、「鏡」のひと文字が神奈川と新潟で使われました。

天寿を全うした母の命、いじめによる理不尽な暴力によって失われた中学2年生の男子の命。

手を合わせるばかりです。

|

« 母さんが死んだ | トップページ | 秦野市「里山ボランティア養成研修」で丹沢ドン会の活動報告 »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川新聞「紙面拝見」欄に「命を紡ぐ新聞に希望」の記事掲載:

« 母さんが死んだ | トップページ | 秦野市「里山ボランティア養成研修」で丹沢ドン会の活動報告 »