« ハチの巣づくり | トップページ | 神奈川新聞「紙面拝見」欄に「命を救う減災情報を」掲載 »

ハチの巣騒動奮戦記

「ハチの巣づくり」については、ご心配をお掛けしました。昨日無事、撤去作業終えました。まずは、ご安心ください。

ここ数日、どんな風にしてハチの巣を撤去したらいいか、いろいろと考えをめぐらしていました。虫取り網はどうか。シュミレーションをしてみます。しかし、網の口径が大きすぎて、ハチの巣は取り込んでも、ハチが網から逃げてしまい、挙句、ハチに刺される可能性が大です。

何とか安全にハチの巣の撤去を成し遂げたい。どうしたらいいのでしょう。思案を重ねました。

何週間ぶりでしょうか。昨晩は丹沢山ろくに雨が、それも激しく降りました。大地を潤す恵みの雨です。少し大気中の熱気がおさまり、ぐっすりと眠ることができました。

ハチの巣のようすを観察することが多くなりました。雨上がりの朝方、ハチも寝起きなのでしょうか、活動が鈍っています。決行するのは、ハチの活動が鈍っているときがいい。

昼過ぎに、また激しい雨が降りました。雨上がりのハチのようすを見ると、活動は鈍い。いま家にいるのは私だけ。連れ合いがいれば、「危ないからやめて!」と言うに違いありません。こんなことで市役所のすぐやる課(?)の手を煩わすこともありません。

早速、準備にかかりました。

ハチの巣の大きさを確認し、2L入りのペットボトルの上の部分を平らにカットしました。幅30cm×50cmのベニヤ板、ビニール袋、20kgの米が入る段ボール箱、殺虫スプレーなどです。

厚手のシャツ、ズボンで身を覆いました。帽子をかぶり、さらにその上から、マットレスを入れてあった少し厚手のビニール袋を上半身にかぶり、両手は肘の上まで厚手のビニール袋で覆いました。

用意万端ととのえ、偵察のために一度、ハチの巣の前を通りました。案の定、1匹のハチが私のほうに威嚇にやってきました。

ハチの巣を下からペットボトルに入れ、ペットボトルの蓋をするようにベニヤ板を横に滑らせ、ハチの巣の根元を天上から切り離す。

チャンスは一度。そーっとハチの巣に近づき、果敢にハチの巣をゲット。2~3匹ペットボトルを免れたハチが、空高く逃げていきました。

ペットボトルとその蓋をしたベニヤ板の間に隙間ができないないよう注意を払いながら、天地を逆にして地面に置き、ハチを封じ込めました。身を覆っていたビニール袋をペットボトルの上にかけ、さらにダンボールでそれらを覆いました。さらに、ビニールの覆いの周辺とその中に殺虫剤を大量に噴霧。段ボール箱の上には重しの板を置きました。

ビニールの覆いの下には殺虫剤の噴霧に耐え切れないハチがもぞもぞしています。さらに噴霧しながら足で潰しました。

ひと通りの作業を終えると、一気に汗が吹き出しました。シャワーで汗を流してさっぱりし、出窓の網戸越しに外を眺めると、1匹のハチが巣のあった周辺を飛んでいました。住処を失ったハチの姿が少し哀れに思えましたが、やむを得ません。

夕方、家に戻った連れ合いに、意気揚々とハチの巣撤去の戦果を報告しました。

「刺されなかった? やったー!」

災いは、小さなうちに摘まなければと反省しきり。

|

« ハチの巣づくり | トップページ | 神奈川新聞「紙面拝見」欄に「命を救う減災情報を」掲載 »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

大奮戦記ですね! これはアシナガバチでしょうか?
秋田にいるKu-doの集落の神社にもスズメバチの巣ができていました。駆除の参考になります!

先日、神社に秋のお祭りの前の草刈に行き、草刈が終わった後に巣を見つけました。Ku-doは知らないで蜂の巣の下で草刈をしていので、よく攻撃されなかったなあと冷や汗ものでした。

蜂も懸命に生きているのですから、できれば共生したいところですが、参拝者の安全を考えると駆除を考えざるをえません。

投稿: ku-do | 2012年9月 6日 (木) 21時05分

ku-doさん、書き込みありがとうございます。

秋田のハチは鷹揚なのでしょうか?
でも、くれぐれも慎重に。
一か八かではいけませんよ?!

投稿: yume | 2012年9月 6日 (木) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハチの巣騒動奮戦記:

« ハチの巣づくり | トップページ | 神奈川新聞「紙面拝見」欄に「命を救う減災情報を」掲載 »