« ホトトギスの花咲く | トップページ | 『元気に百歳』第13号出版記念例会が高輪和彊館で開催 »

「戦場のサブちゃんとゴン」歌物語、海老名市文化会館で上演

2012年10月8日(月・祝)午後、海老名市文化会館・音楽ホールで「戦場のサブちゃんとゴン」(増田昭一・文と絵)の歌物語が上演されました。10月2日の横浜みなとみらい小ホールの上演に次ぐものです。

海老名芸術プロジェクトの甘利さんにお願いして何枚か上演のようすを写真に撮らせていただきました。

Dscn1488

Dscn1492

「ふるさと~!」と叫びながら戦車に飛び込み、息絶える兵士を演じたダンスグループ「ホワイトダンス」のメンバー、万城目純・飯田晃一・久世龍五郎・牧野弘・三浦宏予・相良ゆみの鬼気迫る演技に圧倒されました。

Dscn1502

サブちゃんを演じたのは甘利真美さん。

Dscn1511

サブちゃんとゴンは天に召され、悲しみが会場にあふれました。

Dscn1522

公演の後、原作者の増田昭一さんが登壇。出演者・会場のみなさんに「ありがとうございました!」のあいさつがありました。

Dscn1505

会場入口では、急遽、増田昭一さんのサイン会が開かれました。

Dscn1552

出演者・原作者と海老名芸術プロジェクトのメンバーで記念撮影。

お疲れ様でした!

|

« ホトトギスの花咲く | トップページ | 『元気に百歳』第13号出版記念例会が高輪和彊館で開催 »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「戦場のサブちゃんとゴン」歌物語、海老名市文化会館で上演:

« ホトトギスの花咲く | トップページ | 『元気に百歳』第13号出版記念例会が高輪和彊館で開催 »