« 丹沢ブナ党のシンポジウムにパネリストで参加 | トップページ | 抜けるような青空の下、丹沢ドン会収穫祭 »

西山敏夫さんの『一旦力・セギルベエ!』が東京新聞に

2012年11月19日(月)の東京新聞の「こちら報道部」の欄に西山敏夫さんの『一旦力・セギルベエ!』の記事が掲載されました。

Scan11244

記事を書いたのは東京新聞特報部の林啓太記者。リード文は次のようです。

「相模湾の周辺に生きた人々の言葉を記録し続けている元漁師がいる。神奈川県二宮町の西山敏夫さん(78)。大自然との格闘や恵みへの感謝の気持から紡ぎ出されてきた言葉の数々が「現代」に問いかけるものとは―」

大勢の人に手にしていただきたい一冊の本です。

|

« 丹沢ブナ党のシンポジウムにパネリストで参加 | トップページ | 抜けるような青空の下、丹沢ドン会収穫祭 »

編集者日録」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西山敏夫さんの『一旦力・セギルベエ!』が東京新聞に:

« 丹沢ブナ党のシンポジウムにパネリストで参加 | トップページ | 抜けるような青空の下、丹沢ドン会収穫祭 »