« 西山敏夫さんの『一旦力・セギルベエ!』が東京新聞に | トップページ | ☆ちゃんと★くんの紅葉の手 »

抜けるような青空の下、丹沢ドン会収穫祭

11月25日(土)は、これ以上望めないほどの収穫祭日和。

Dscn3102

前日から会場作り。当日の準備も朝早くからドン会メンバーと自然塾生によって行われました。1品持ち寄りの手づくり料理は年々増え、オープニングの時点で70品ほど。切り出した竹の器に盛り付けられました。

雲一つない青空の下、自然と人に感謝する集いが始まりました。

Dscn3064

オープニングのあいさつは若い2人が。

Dscn3024

自然塾生たちへは、朝取りダイコンのプレゼント。

Dscn3085

子どもたちはリンゴの皮むきに挑戦。

Dscn3149

特設のカウンターバーが登場。

Dscn3177

ロス・ホンチョスの演奏が始まりました。

Dscn3266

みんな輪になって踊り出す。

Dscn3352

Dscn3401

Dscn3400

トランペットの渡辺隆雄さん、フォルクローレの木下尊惇さんの演奏を、自然に包まれた棚田で聴くことができるという極上のひととき。

自然、仲間、一品持ち寄りの手料理にお酒、音楽、語らい、まさに桃源郷です。

名古木の自然に感謝!

|

« 西山敏夫さんの『一旦力・セギルベエ!』が東京新聞に | トップページ | ☆ちゃんと★くんの紅葉の手 »

夢日記・コラム」カテゴリの記事

編集者日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521368/56202292

この記事へのトラックバック一覧です: 抜けるような青空の下、丹沢ドン会収穫祭:

« 西山敏夫さんの『一旦力・セギルベエ!』が東京新聞に | トップページ | ☆ちゃんと★くんの紅葉の手 »