« 雪の長岡へ墓参り | トップページ | 明治大学農学部学生が卒論のために丹沢ドン会の現地取材 »

丹沢自然塾「新そば手打ち体験教室」

NPO法人自然塾丹沢ドン会が8月のお盆過ぎに播いたそばの種は、白い花を咲かせ、茶色のそばの実を付けました。

その新そばを使った「そば打ち体験教室」を伊勢原の雨岳文庫で開催しました。

Dscn4051

最初に、そば担当の関野さんからこの日のスケジュールを。

「ドン会のそば打ちは、製粉以外は全て手づくり。香りが立つ新そばを味わってください」

Dscn4045

雨岳文庫ご当主の山口さん、そば打ち講師の浅井さんも一緒に記念撮影。

Dscn4069

エプロン姿もきりり、そば打ちの手順を説明する講師の話に聞き入ります。

Dscn4078

そば粉400g、小麦粉100gの二八のソバ粉をていねいに手早く混ぜます。

Dscn4082

加水してさらに粉を混ぜます。

Dscn4086

Dscn4103

こね上がり。

Dscn4109

Dscn4122

Dscn4189

伸ばし。

Dscn4132

たたみ。

Dscn4144 

切り。

Dscn4213

Dscn4215

Dscn4178 

大鍋で茹でて、早速、試食。引き立て、打ち立て、茹で立て、の三立てに加え、香り立ての四立てがドン会の新そばです。

Dscn4225

みんなで打ち立て、茹で立ての新そばをいただきました。

Dscn4235

Dscn4216

Dscn4236

Dscn4237

Dscn4238

Dscn4240

Dscn4183

Dscn4209

Dscn4221

そば、天ぷら、おでん、ダイコン・ブロッコリー・柿のサラダ、海藻の三杯酢和え、焼き芋、ネギ焼き、落花生など、この日味わった食材は、雨岳文庫の奥様とドン会メンバーの合作です。

Dscn4248

Dscn4246

1年間のドン会の活動を支えてくれた仲間たちと自然の恵みに感謝する1日でした。

|

« 雪の長岡へ墓参り | トップページ | 明治大学農学部学生が卒論のために丹沢ドン会の現地取材 »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

夢日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢自然塾「新そば手打ち体験教室」:

« 雪の長岡へ墓参り | トップページ | 明治大学農学部学生が卒論のために丹沢ドン会の現地取材 »